カテゴリ:音楽/演劇等 > 舞踊

都内からバレエの公演情報です。

新国立劇場バレエ研修所公演 バレエ・オータムコンサート2019

期 日 : 2019年11月2日(土) 3(日)
会 場 : 新国立劇場 中劇場 東京都渋谷区本町1-1-1
時 間 : 両日とも15:00~
料 金 : 全席指定 2,200円

プログラム
スパニッシュ・ダンス『檸檬(レモン)哀歌』(振付:小島章司)(ギター:フェルミン・ケロル、カンテ:石塚隆允)
『ラ・シルフィード』第2幕より パ・ド・ドゥ
『パリの炎』より パ・ド・ドゥ
『くるみ割り人形』第2幕より
 ほか

新国立劇場バレエ研修所は、日本初の国立劇場附属の研修機関として2001年に開所して以来14期88名の修了生を送り出し、修了生はバレエ界の第一線で活躍しています。技術から教養まで幅広く学ぶことで世界に通じるダンサーの育成を目指しています。2018年からは、『ANAスカラシップ』の開始により海外研修も充実し、本公演後、最上級生がANAスカラシップ生としてロシアの名門A.Y.ワガノワ記念ロシア・バレエ・アカデミーで研修を行います。
今回は、クラシカル・バレエの名作『くるみ割り人形』第2幕からグラン・パ・ド・ドゥを中心にスパニッシュやトレパックなどいくつかの踊りを抜粋して上演します。また、研修カリキュラムの一つとして取り入れているスパニッシュ・ダンスを研修所講師の小島章司氏の振付でご覧いただきます。日頃の研修の成果をお楽しみください。


002


というわけで、プログラムに「檸檬(レモン)哀歌」が入っています。まぁ、智恵子の臨終を謳った光太郎詩「レモン哀歌」(昭和14年=1939)からのインスパイアなのでしょう。

同研修所さんのサイトに、「「バレエ・オータムコンサート2019」『檸檬(レモン)哀歌』のリハーサルの様子をご紹介します」という記事がアップされています。それによると、フラメンコに近い群舞のようです。

003


フラメンコと「智恵子抄」、一見、異質な取り合わせのように感じられるかもしれませんが、これまでにも多くの方が、「智恵子抄」へのオマージュ作品を扱われています。

古くは故アキコ・カンダさん。昭和46年(1971)4月28日、芸術座さんで開催された第5回リサイタルで。写真は篠山紀信氏です。ただ、完全なフラメンコというより、モダンダンスにフラメンコの要素が入って、という感じだったようです。

001 002

平成に入ると、鍵田真由美さん、佐藤浩希さんのお二004人による「レモン哀歌〜智恵子の生涯〜」が、平成10年(1998)10月、新宿のスペース・ゼロさんで上演されました。この際には、光太郎と交流のあったハーモニカ奏者の故・新井克輔氏が演奏で参加されていました。新井氏、かつての連翹忌でハーモニカ演奏をご披露いただきました。

それから、あまり大々的に宣伝されていないようなので、このブログでご紹介していませんが、最近でも、故・平幹二朗氏の子息でやはり俳優の平岳大さんも、「智恵子抄」をフラメンコで取り上げて下さっています。ただ、「フラメンコ」ではなく「ヒラメンコ」だそうですが(笑)。

光太郎詩の持つある種の「熱」が、フラメンコの情熱性とマッチする部分があるのかもしれません。

同じようなことをこのブログで何度も書いていますが、こうした二次創作的な部分で光太郎智恵子の世界を取り上げていただくのは、大歓迎です。そこから間口が広がり、関心を持つ方が増えて下さるといいと思いますので。

ただし、あくまで健全な精神で、リスペクトを持って取り上げていただきたいものです。


さて、新国立劇場バレエ研修所さんの公演、ご都合の付く方、ぜひどうぞ。当方、残念ながら両日ともまた東北に行っております。


【折々のことば・光太郎】

上から見おろすと、しつとり濡れた朝の石の肌に落葉が一面につもつてゐる。落葉に対する私の陶酔がふらふらと起りかける。実際落葉ほど暖かい、たのもしい魅力を私に持つものは少い。落葉に埋れるほど大丈夫な気のする感じは少い。
散文「「童顔社」を観た日の日記 上」より
大正14年(1925) 光太郎43歳

確かに光太郎、「落葉を浴びて立つ」(大正11年=1922)、「美しき落葉」(昭和19年=1944)といった詩も書きましたし、現存は確認できていませんが、プラタナスの落葉を木彫にする構想もありました。

愛知から舞台の情報です。 

智恵子抄~故郷 福島への想い

イメージ 1

内 容 : 智恵子抄~故郷 福島への想い~ Part1  あわい 愛~
      智恵子抄~故郷 福島への想い~ Part2 あわい 淡~
開催日
 : Part1 2015年9月2日(水)  Part2 2015年10月5日(月)
会 場 : メニコンANNEX 愛知県名古屋市中区葵三丁目21番19号
時 間 : <両日ともに> 19:00 開演 (18:30 開場)
入場料 : 各日 全自由席 ¥2,000  お支払いは当日受付にてお願いします。
 ※うち¥100円は一般社団法人aichikaraへ寄付させていただきます。一般社団法人aichikara →http://www.step-aichikara.com/
  福島の子どもたちへの支援を中心に、愛知県の学生が主体となって活動している名古屋の団体。毎年リフレッシュキャンプを開催し、福島の子供たちを愛知県へ招いています。
主 催 : カラダのアトリエ マナマナ
協 賛 :  (株)メニコン


お問い合わせ
◆沼田眞由み Tel 080-4426-0770 (カラダのアトリエ マナマナ)
◆ANNEX事務局 TEL 052-935-0918(受付時間平日9:30~18:30)FAX 052-935-3877 Email 
info@menicon-net.co.jp
 
出 演 者 :
 ☆Part1 ~あわい 愛~
 高村光太郎 高宮直秀  高村智恵子 沼田眞由み(カダラのアトリエ マナマナ) 
  ピアノ 堀内悠馬      朗読 のざきのりこ
 ☆Part2 ~あわい 淡~
 高村光太郎 榊原忠美(劇団クセックACT
高村智恵子 沼田眞由み(カダラのアトリエ マナマナ)
 ピアノ 堀内悠馬 朗読 のざきのりこ

定員 各日とも 80名

 智恵子抄の真実 〜夫 光太郎への愛〜 〜故郷 福島への想い〜 〜断ち難い 芸術の魂〜 智恵子抄の真実がコンテンポラリーダンスで今、蘇る・・・
 「智恵子抄」から、誰もがよく知る詩の朗読とともに、ダンスで光太郎と智恵子の故郷福島への想いを伝えます。
 衣裳や舞台で使われるいるものは、ダンサーが福島各地で手にして集めたものです。智恵子抄の朗読、ダンス、衣裳やホールを使った映像もお楽しみいただけます。

お申込み
以下リンクより、お申込みください。
http://form1.fc2.com/form/?id=2e247b5214d0ff5b
9月2日、10日5日の両日のお申込み可能です。それぞれ、日付を選びご入力ください。
※入場料は当日お支払いをお願いいたします。


舞踊系の舞台のようです。

9月2日(水)、10月5日(月)と2回に分けての公演。それぞれ「Part1  あわい 愛」、「Part2 あわい 淡」と異なるサブタイトルになっていますので、同一の内容ではないのでは、と思います。

調べてみましたところ、両日共に智恵子役の沼田眞由みさんという方は、福島郡山ご出身だそうです。


イメージ 2

お近くの方、ぜひどうぞ。

000
【今日は何の日・光太郎 拾遺】 8月19日

平成17年(2005)の今日、雑誌『アニメーションRE』創刊号が発行されました。

付録のDVDに、声優の能登麻美子さんによる、『智恵子抄』巻末近くの光太郎詩「亡き人に」の朗読が収められています。

能登さんは、声優のお仕事以外にも、朗読系にも力を入れていらっしゃいまして、ラジオ文化放送系で「能登麻美子のおはなしNOTE」(月曜深夜=火曜未明、再放送・火曜昼間)という朗読番組を担当されています。こちらの番組では光太郎の詩「道程」や散文「珈琲店より」も取り上げて下さいました。

それぞれ素晴らしい朗読です。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

国会図書館での調査で、面白い資料を発見しました。
 
昭和25年(1950)11月3日の『山形新聞』に載った記事です。
 
イメージ 1
 
『高村光太郎全集』別巻の年譜に依れば、この年10月30日から11月3日まで光太郎は山形を訪れています。講演会を2回行った他、山形県総合美術展覧会の評、この評は11/1~3の同じ『山形新聞』に掲載されている事が以前から判っており、『高村光太郎全集』第19巻に収録されています。
 
さて、今回発見した記事は、その山形を訪れていた光太郎の元に、東京から舞踊家の藤間節子が訪ねてきた、というものです。
 
藤間節子(後に黛節子と改名)は、大正10年(1921)生まれの舞踊家。昭和24年、帝国劇場にて『智恵子抄』をモチーフにした舞踊を制作、発表しました。『智恵子抄』がこの手の舞台芸術で取り上げられた嚆矢です。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
『山形新聞』の記事によれば、構想したのは昭和18年。戦時中や戦後すぐの混乱期という時代背景もあったのでしょうか、すぐには実現しませんでした。そのあたりを受け、この記事には光太郎は次の談話を載せています。
 
藤間さんは一生懸命であるということは立派なことです、この人ならと私は自分の作品の舞踊化をゆるしたのですが、それから七年間もかかつて振付けを作り上げたというまじめさにはうたれます
 
さらに記事には藤間から光太郎にレコードが贈られ、早速、「試聴会」が開かれたとの記述もあります。「ヴィクター版レコード『千鳥と遊ぶ智恵子』ほか二曲」となっていますが、こうしたレコードの存在は把握して居らず、今後、調査してみます。
 
ただ、前年の帝国劇場でのリサイタルのプログラムによれば、小村三千三(みちぞう)作曲とした上で、

 A 浜辺…………千鳥とたわむれる智恵子
 B ひたむき……智恵子のひたむきな苦悶、憧れ、そして沈思
 C 切紙細工……童心にかえつた智恵子の住む世界は

との解説があり、三つの舞踊から為っていたことがわかります。おそらく、この伴奏音楽をレコード化したものと考えられます。
 
また、12月1日に藤間に宛てて書かれた書簡が『高村光太郎全集』第15巻に収められていますが、そちらにもこのレコードに関する話が載っています。以前にこれを読んだ時は、意味がよくわからなかったのですが、今回の記事で疑問が氷解しました。
 
こういう具合に、新しく発見した資料が、以前から判明していた資料の謎解きの鍵になるということが、時々あります。そういう時は非常に嬉しいものですね。

↑このページのトップヘ