カテゴリ:東北以外 > 長野県

昨日、光太郎の父・高村光雲関係をご紹介しましたので、その流れで。

光雲とその高弟・米原雲海の手になり、今年、開眼100周年を迎え、昨年からいろいろな取り組みが行われている信州善光寺さんの仁王像がらみです。以下、善光寺さんのサイトから。 

仁王門屋根改修銅板ご寄進について

~ あなたの願いを書き込んだ銅板が、末永く仁王門の屋根に残ります ~

「善光寺仁王門」は、大正7年(1918年)に再建され、平成30年(2018年) に100年となる節目を迎えました。建物には高村光雲、米原雲海の合作による「仁王 像」及び「三宝荒神・三面大黒天立像」が安置され、今日まで護り引き継がれております。 善光寺では、この貴重な文化遺産を後世に伝えていくため、この度関係各位のご理解を いただき屋根改修工事に取り組むことになりました。 葺き替えにあたり、「屋根銅板」のご寄進を賜りたくお願い申し上げる次第です。

【銅板寄進】
願文・お名前をご記入いただいた銅板が、仁王門の屋根瓦として 末永く残ります。
奉納銅板 : 1 枚 2,000円~
頒  布  数 : 2,000枚 (予定数に達した場合は、終了となります)
受付期間 : 令和元年11月15日~令和2年1月中旬

※ お電話及び郵送での受付は行っておりません。お申し込みは、善光寺境内の寄進所にてお願い申し上げます。

 ■お問い合わせ■ 善光寺事務局  電話:026-234-3591 (代)午前 9 時 00 分~午後 4 時 30 分、年中無休

006


善光寺さんの仁王像についての昨年からの動きに関しては、以下をご参照下さい。

信濃善光寺仁王門再建100年・仁王像造立100年 仁王門北側2像ライトアップ。
新聞各紙から(その1)。
善光寺寺子屋文化講座第2幕『冬至に仁王さんのお顔を見てみよう』。
善光寺仁王像 初の本格調査。
第十六回長野灯明まつり 「共鳴する平和への祈り」。
新聞各紙から。
信州善光寺仁王門写真コンテスト。
信州レポート その2 信州善光寺。
新聞各紙から。
信州善光寺仁王像関連。
光雲関連。
第14回善光寺サミット。



初詣等に行かれる方、ぜひどうぞ。


【折々のことば・光太郎】

どんな巧者な、立派に見えるものでも、誠実なこころから出てゐないものは取るに足らない。まことの思ひをつきつめたところから出て来る言葉は、どんなに平俗に見える時でも、俗悪ではない。思ひ上つた技巧ばかりの言葉は却つて俗なものである。

散文「『職場の光』詩選評 九」より 昭和18年(1943) 光太郎61歳

「責任を痛感しております」、「国民の皆様の信頼を回復していきたいと思います」、「私の不徳の致すところ」、「真摯に受け止めなければならないと思います」、「全力を挙げていきます」(笑)。

まずは、これからの紅葉シーズンを見越して、一昨年に放映された番組の再放送です。

にっぽんトレッキング100「絶景満載!峡谷のクラシックルート~長野・上高地」

NHKBSプレミアム 2019年10月17日(木) 午前6時00分~6時30分

北アルプスの玄関、長野・上高地。今ではバスで直行できるこの場所も、かつては徒歩で二日かけて歩いた。そんなクラシックルートを辿り、知られざる穂高岳の絶景に出会う。

穂高や槍ヶ岳の玄関口として知られる上高地。そこへ向かうかつての登山道は、今「クラシックルート」と呼ばれ、脚光を浴びている。目の当たりにしたのは、七色に染まる峡谷の山肌。日本の近代登山の父と呼ばれるウォルター・ウェストンは、それを「驚嘆すべき色彩の響宴」と評した。さらにその先には「日本で一番雄大な眺望」とたたえた絶景が待っているという。著名な登山家たちが愛した風景を辿り、手付かずの大自然を満喫する。

出演 仲川希良  語り 渡部沙弓
001
000
信州上高地、大正2年(1913)に、光太郎と智恵子が結婚の約束を交わした地です。麓の新島々から上高地までの、岩魚止小屋、徳本峠を越えるかつてのメインルートを、モデルの仲川希良さんが2日間かけて歩くというコンセプトです。途中、光太郎智恵子のエピソードにも時間を割いて下さっています。

続いて、やはり光太郎智恵子が訪れ、光太郎詩碑などが建っている草津

ブラタモリ#146「草津温泉~最強の湯力とは?~」

NHK総合 2019年10月19日(土) 19時30分~20時15分
追記 台風関連の報道のため、11月2日(土)に放送日が変更になりました。


人気の秘密は「たっぷり・アツアツ・ピリピリ」!三拍子そろった最強の「湯力」にあり!草津温泉の謎をタモリさんがブラブラ歩いて解き明かす▽草津伝統の「湯もみ」を体験

「ブラタモリ#146」で訪れたのは群馬県の草津温泉。「草津温泉が誇る最強の湯力とは?」という旅のお題にタモリさんが迫る▽100%源泉かけ流しを実現する豊富な湯量「たっぷりの湯」。そして湯畑の源泉は52度!さらに強酸性の「アツアツ・ピリピリの湯」を生み出す本白根山のメカニズムを探る▽豊かな泉質へのこだわりが「湯もみ」を生んだ!?▽湯力が強すぎて困る!?草津の人々の悩みとは▽湯畑のデザインは岡本太郎!

出演 タモリ/林田理沙アナウンサー  ナレーション 草彅剛  テーマソング 井上陽水
000
 001
まず光太郎には触れられないとは思いますが、左の画像、タモリさんと林田アナの背後に写っている石柵に、草津に歩みし百人」ということで、記録に残る来訪者100人の名と来訪年等が刻まれ、光太郎の名も刻まれています。それが写るかもしれません。

同じ柵に、光太郎の師・与謝野鉄幹/晶子夫妻の名も刻まれています。

その晶子系でもう1件。

朝の!さんぽ道 「秋に行きたい街!勝浦(2)」旅人:中山エミリ

テレビ東京 2019年10月22日(火)  7時35分~8時00分

“新鮮伊勢海老”に“獲れたてサザエ”「秋に旬の食材」や季節の絶景を求めて、「秋に行きたい街」千葉県・勝浦を歩きます!

『秋に行きたい街』さんぽ!2日目も港町・勝浦を歩きます▼早朝の漁港さんぽで発見!大漁の伊勢海老にBIGサザエ、更には…リアルハトヤ!?▼朝獲れ伊勢海老…丸ごと使った絶品うどん、そのお値段に驚き!?▼江戸時代に活躍した名工「波の伊八」の彫刻に影響を受けた「超有名人」とは?▼与謝野晶子ら多くの文豪に愛された景勝地…その絶景に感動!

出演者 中山エミリ

それぞれぜひご覧下さい。

【折々のことば・光太郎】

今はすべてが根源から起る。素朴原始に平然たれ。

散文「新しき美について」より 昭和17年(1942) 光太郎60歳

太平洋戦争中の文章で、全体の趣旨は日本の伝統文化に顕現せる精神で非常事態にあたるべし、的なきな臭い内容なのですが、部分的に見ればいいことを書いている箇所も散見されます。

長野県から演劇公演の情報です。

thee第13回公演『売り言葉』

期  日 : 2019年10月5日(土)・6日(日)・12日(土)・13日(日)
会  場 : ギャラリー花蔵 長野市東町147
時  間 : 10/5 19:00~ 10/6 14:00~ 19:00~ 10/12 14:00~ 19:00~ 10/13 14:00~
料  金 : 前売2,000円/当日2,300円
出  演 : 島崎美樹/ミズタマリ
演  出 : 長峯亘

thee13回目の、2019年最初で最後の公演は、初めて非オリジナル作品に挑戦します。野田秀樹の戯曲『売り言葉』を、ふたり芝居で。

〈あらすじ〉
彫刻家・高村光太郎と妻・智恵子との純愛を綴った詩集『智恵子抄』。穢れなき澄み切った愛の言葉で溢れ返る詩の数々は、光太郎と智恵子の愛慕の念を、忠実に映し出して………いるのだろうか?智恵子と女中が表裏一体の存在となり、光太郎の出会いから自身の死までを物語る。智恵子が『智恵子抄』へ突きつけた“売り言葉”とは、果たして。

001


平成14年(2002)、野田秀樹氏の脚本、主演・大竹しのぶさんで初演さた、登場人物は智恵子のみの一人芝居「売り言葉」。今年はその当たり年のようで、先月には池袋で劇団evkk(エレベーター企画)さんによる公演、今月は新宿でサキクサ創刊号公演・大塚由祈子ひとり芝居『売り言葉』として、それぞれ上演されましたし、また近くなりましたらご紹介しますが、12月には岡山で公演があります。

「モラハラ」という言葉がまだ無かった(有ったかも知れませんが一般的ではなかったでしょう)平成14年(2002)に、光太郎からのモラハラが主因で壊れていく智恵子を描いた野田氏の脚本・演出は、なかなか秀逸でしたし、当方、テレビ放映で見たのですが、大竹さんしのぶさんの鬼気迫る演技も忘れられません。ただ、実際にどの程度光太郎からのモラハラがあったかは闇の中ですが。

その「大御所」二人がやったそのままを再現するのではなく、今回のtheeさんもそうですが、本来一人芝居であるものを二人芝居にしてみたり、近代的で大きな会場ではなく古民家的な場所を使ったりするなど、最近、この作品を取り上げられる皆さんは、それぞれに工夫をなさっているようです。

御都合の付く方、ぜひどうぞ。


【折々のことば・光太郎】

無識(イグノランス)は一種の罪悪である。無識に甘んずる心は一種の破廉恥である。識らずして無識に安住する者は世に最も醜悪なものである。識らうとする心の無くなつた時、人は死に一歩を踏み入れたのである。

散文「真に鑑賞する心」より 明治44年(1911) 光太郎29歳

「無識」は「探求心・知的好奇心を持たない状態」といったところでしょう。ある意味正論です。

ただ「正論」も時と場合によりけりで、智恵子にこうした考えを押しつけていたとすれば、そうした行為は「ロジカルハラスメント」(略して「ロジハラ」)または「正論ハラスメント」と言うそうです。

また、「正論」も、当人が「正論」と思っているだけで、はたから見ればへそで茶を沸かすような内容だったりすることもあります。光太郎に限ってはそういうことはなかったように思われますが。

今年、開眼百周年を迎える信州善光寺さんの仁王像。光太郎の父・光雲とその高弟・米原雲海の手になるものです。百周年を記念し、昨年からいろいろとイベント等が組まれていました。

000


 新聞各紙から。
  

の集大成的なイベントが近々行われます。

状況をわかりやすくするために、『信濃毎日新聞』さんの記事から。

ゆかりの寺社集い「善光寺サミット」 10月3・4日

 全国各地の善光寺ゆかりの寺社が集まる「第14回善光寺サミット」が10月3、4日、長野市内で開かれる。同市の善光寺とゆかりの231寺社でつくる「全国善光寺会」が主催。3日にホテルメトロポリタン長野で開く記念講演会(午後1時〜3時半)には、イラストレーターのみうらじゅんさんが登壇。1919(大正8)年の仁王像開眼から100年の節目を迎え、像を調査した研究者が結果を報告する。
 講演会は2部構成。第1部は「善光寺仁王門諸像の魅力について」と題し、大分大教育学部教授の田中修二さん、東京芸大大学院非常勤講師の藤曲隆哉さんが話す。これまでの調査で、仁王像の足が台座に固定されず、ほぼ像の重さだけで自立する珍しい構造であることなどが分かっている。第2部はみうらさんが「マイ仏教」をテーマに語る。
 4日は、全国29カ寺の住職らによる善光寺本堂での記念法要(午前9時半)の後、住職らが参拝者に御朱印を授け、交流する「全国善光寺朱印めぐり」(午前10時半〜午後3時半)がある。甲府市の甲斐善光寺、岐阜県の昼飯(ひるい)善光寺(如来寺)、兵庫県の相生善光寺など、宗派を超えた18寺院(現時点)の住職らが参加する。
 サミットは善光寺ゆかりの寺社の親睦を目的に、1993年から隔年で開いている。講演会は聴講無料で、申し込みは9月25日までに善光寺事務局(電話026・234・3591)へ。


というわけで、要項的には以下の通りとなります。

第14回善光寺サミット

期 日 : 2019年10月3日(木)・4日(金)
会 場 : 10/3 ホテルメトロポリタン長野  長野県長野市南石堂町1346
      10/4 信州善光寺  長野県長野市大字長野元善町491
料 金 : 無料
日 程 : 
 10月3日(木) 
  13:15~  記念講演 『善光寺仁王諸像の魅力について』
         講師 田中修二氏(大分大学教授)
            藤曲隆哉氏(東京藝術大学大学院非常勤講師)
  14:30~  記念講演 『マイ仏教』
         講師 みうらじゅん氏(漫画家、イラストレーター)
 10月4日(金)
  9:30~   記念法要 善光寺本堂内
  10:30~15:30 全国善光寺朱印巡り


講演の講師を務められるお三方のうち、田中氏と藤曲氏は、昨年から行われていた仁王像の本格調査に加わられていました。田中氏は光雲や光太郎に触れた『近代日本最初の彫刻家』(平成6年=1994、吉川弘文館)、『近代日本彫刻史』(平成30年=2018、国書刊行会)、『彫刻 SCULPTURE 1 ――空白の時代、戦時の彫刻/この国の彫刻のはじまりへ』(平成30年=2018、トポフィル、共著)などのご著書があり、藤曲氏は平成27年(2015)に行われた仁王門北側の二像(三面大黒天・三宝荒神)の補修にも関わられています。みうら氏は、互いを仏友(ぶつゆう)と認め合ういとうせいこう氏との共著で『見仏記』シリーズ(平成5年=1993~、中央公論社他)を著され、平成13年(2001)にはテレビ番組にもなりました。このシリーズは碧海(おうみ)寿広氏著『仏像と日本人 宗教と美の近現代』(平成30年=2018)でも取り上げられています。

こうしたディープな講師陣による講演が為されるので、ぜひ参加しようと思っていたのですが、この前後に別件での遠出が重なっており、非常に残念ながら断念いたしました。そうなると、今年4月に善光寺さんに参拝しておいて正解だったな、という感じです。

皆様、ぜひどうぞ。


【折々のことば・光太郎】

比重の低いほど感情は清潔だ 0度に「至ればたとへば神だ

詩「提要」より 昭和5年(1930) 光太郎48歳

翌年の雑誌『スバル』に「冷熱」と改題、内容も改訂されて発表された詩の初稿から。

光太郎詩には珍しく、難解で象徴的な詩句ですが、それだけに色々な読み取り方ができそうです。

8月17日(土)、信州上田市のサントミューゼ上田市立美術館さんに「没後100年村山槐多展」を拝見に行きましたが、その前後のレポートを。

盆明けのUターンラッシュの時期ということで、それを避けるため未明のうちに千葉の自宅兼事務所を出ました。2時間ほど愛車を走らせたところで、休憩兼仮眠。そして早朝のうちに長野県に入りました。

上田に行く前に、思い立って上信越道を小諸で下車。有名な懐古園を目指しました。こちらには、光太郎の実弟にして鋳金の人間国宝となった、髙村豊周の手になる島崎藤村詩碑があります。詩は「小諸なる古城のほとり」(明治38年=1905)です。

KIMG3152

約35年ぶりに拝見。さすがに35年前より苔むしているようで、傍らの標柱的な碑に刻まれた豊周の名も判読しにくくなっていました。

KIMG3150

建立は昭和2年(1927)。豊周が母校・東京美術学校の鋳金科で教壇に立っていた頃の作です。

豊周の回想『自画像』(中央公論美術出版・昭和43年=1968)に拠れば、有島生馬を通じて依頼があり、藤村ファンでもあった豊周、快く引き受けたとのこと。今でこそ珍しくなくなりましたが、ブロンズに蠟型鋳金で鋳造した詩碑というのは、日本初だったということです。有島はせっかくの藤村碑、ありきたりのものにしたくないとの思いから、豊周の鋳金技術に白羽の矢を立てたそうで。

除幕式には有島や、この詩に曲を付けた作曲家の弘田龍太郎、さらに村山槐多の従兄・山本鼎らも出席したそうです。

その後、一般道で上田市へ。

ところで、帰ってきてから、「しまった」と思いました。「小諸」、「豊周」といえば、「疎開」というのを失念しておりまして。豊周の一家、昭和20年(1945)に、現在の長野県中野市に疎開しましたが、中野に落ち着く前の半月ほど、小諸にいたのです。それをすっかり忘れていました。

調べてみましたところ、豊周一家が滞在していたのは「粂屋」という旅館とのこと。何と、健在でした。しかも、江戸時代に脇本陣だった昔の建物をリノベーションしたシャレオツな宿として、実にいい感じに残っています。またあちら方面に行く機会もあろうかと思いますので、その際には見てこようと思いました。

さて、上田。まだサントミューゼさんは開館前の時間でしたので、郊外の塩田平方面に愛車を向けました。こちらには、疎遠になってしまいましたが、父親の実家があります。申し訳ありませんがそちらには寄らず、祖父母・伯父・叔母らの眠る墓に参りました。平成25年(2013)以来、6年ぶりでした。

その後、ほど近い別所温泉へ。

子供の頃からよく入った共同浴場・石湯さん。入湯料たったの150円です。長距離運転の疲れを癒しました。

KIMG3158

池波正太郎の『真田太平記』に何度か登場し、かの真田幸村公がここで「男」になったという設定になっています。

上田電鉄別所線・別所温泉駅。レトロ感あふれるいい感じです。

KIMG3161

静態保存されている車両・モハ5250。

KIMG3162

KIMG3163

KIMG3164

この丸窓が特徴です。

昭和2年(1927)建造の車両ということですが、この年、光太郎も別所温泉に来ています(宿泊先等は不明)。もしかするとこの車両に乗ったかもしれません。また、昭和2年というと、当方の父はまだ生まれていませんが、祖父母・曾祖父母あたりがもしかすると光太郎と遭遇しているかも知れないな、などと想像をふくらませました(笑)。


その後、塩田平に戻り、父親の実家にほど近い無言館さんへ。


KIMG3165

かつて近くにあって、村山槐多の作品などを展示していた信濃デッサン館さんの姉妹館で、こちらは太平洋戦争で亡くなった戦没画学生の遺作・遺品等が展示されています。

信濃デッサン館さんにはやはり6年前に参りましたが、こちらは約15年ぶりでした。

KIMG3166


001

002

遺作が展示されている戦没画学生、多くは東京美術学校西洋画科の出身でした。光太郎も留学前の一時期、彫刻科卒業後に西洋画科に入り直していますので、その意味では光太郎の後輩達です。また、西洋画科以外でも、もろに光太郎の後輩となる彫刻科、さらに豊周の教え子になるであろう鋳金科出身の人々の作品も展示されていました。中には光太郎の書いた翼賛詩文を読んで奮い立った学生や、ことによると出征前に光太郎のアトリエに挨拶に来たなどという学生もいたかも知れません。

画学生というわけでは有りませんでしたが、元埼玉県東松山市の教育長だった故・田口弘氏もそうでした。田口氏はバシー海峡で乗っていた輸送船が撃沈され、九死に一生を得たそうですが、出征前に光太郎に書いて貰った書や署名本などは海の藻屑となったそうです。田口氏は何とか無事に復員されましたが、無言館さんに作品が展示されている人々は、帰って来られなかったわけで……。キャプションを見ると、田口氏と同じようにバシー海峡で船を沈められ、亡くなったという画学生もいました。

まだ美術家の卵の時期に戦地に送られ、そのまま帰ってこなかった画学生達。卵ですのでまだまだ技巧的には稚拙だったりするものもあるのですが、そうしたことを超え、訴えかけてくるものがあります。粛然とした思いにさせられました。

この時期だったからでしょうか、意外に多くの来場者がいらしていて、驚きました。中には若い方々も。その方々も熱心に展示をご覧になっていて、まだまだこの国も捨てたものではないと感じました。


その後、市街へ戻り、サントミューゼ上田市立美術館さんへ。昨日のレポートにつながります。

村山槐多展拝観後は、さらに上田に隣接する東御市の健康センターさんで日帰り入浴・仮眠。何とか高速道路の大渋滞も避けながら帰りました。

こうやって呑気に出歩いたりレポートを書いたりしていると、紹介すべき事項がどんどんたまります(笑)。明日以降、また新着情報の紹介に戻ります。

【折々のことば・光太郎】

山だから湿気がひどくて、ふとんなんかべとべとになつてしまう。その中に寝ているのだから、まるで水にくるまつているようなものだ。これは悪いことをしたから水牢に入つているのだと思つて、そんなら我慢できると思つた。
対談「心境を語る」より 昭和27年(1952) 光太郎70歳

花巻郊外旧太田村での蟄居生活についてです。「悪いこと」=大量の翼賛詩文を書いたこと、です。

昨日は信州上田方面に行っておりました。2回に分けてレポートいたします。

まず、メインの目的である、「没後100年 村山槐多展」。光太郎と交流のあった村山槐多は、大正8年(1919)数え24歳で夭折した鬼才の画家です。今年が没後100年、さらに近年、100点以上の作品が新たに見つかるなどし、また注目を集めています。


会場は上田市のサントミューゼ上田市立美術館さん。

002

003


KIMG3167

圧倒されました。

ほぼ生涯を追っての展示構成で、初めは最近見つかった少年時代のパステル画がメイン。その頃暮らしていた京都の風景が中心で、穏健な作風ながら天才の片鱗がまざまざと感じられました。

青年期になるとその才が一気に爆発/炸裂したかのようで、生き急ぎ、死に急いだ強烈な個性が咲かせた狂い咲きのあだ花、という感がありました。槐多の作品自体は以前にも見たことが何度かありましたが、まとめて多数の作品を見たのは初めてで、打ちのめされました。

こちらは図録というわけではないのですが、ときどきある「公式ガイドブック」という位置づけで刊行されている書籍。著者は、本展開催に尽力なさったおかざき世界子ども美術博物館副館長代行・村松和明氏です。

004

光太郎にも触れて下さっています。

005

ただ、光太郎と槐多の交流がどのようなものだったのか、実はよく分かりません。

槐多の年譜には、大正3年(1914)の事項として、「この頃、高村光太郎の工房に出入りする」とあるのですが、光太郎側の資料としては、詩「村山槐多」(昭和10年=1935)、槐多没後に刊行された槐多詩集『槐多の歌へる』の推薦文、それから岸田劉生の追悼文の中で槐多に少し触れている程度です。今後の課題としておきます。


槐多展を見終わって、昼食を摂ろうとロビーに降りたところ、驚いたことに、渡辺えりさんが。といっても、ご本人でなく等身大パネルでしたが(笑)。


KIMG3170

まったく存じ上げていなかったのですが、同じサントミューゼさん内の大ホールその他を会場に、「日本劇作家大会」というイベントが開催中でした。渡辺さん、一般社団法人日本劇作家協会の会長さんだそうで。

いらしているのならご挨拶せねばと思い(笑)、スタッフの方に訊いたところ、今日はいらっしゃらないとのこと。渡されたチラシを見ると、19日(月)、ご講演でお見えになるそうでした。

001


そういえば、槐多展会場でいただいたサントミューゼさんのフリーペーパーにも渡辺さんが載っていて、おやっと思ったのですが、そういうことだったのかと納得しました。

こういうこともあるのですね。えりさんには槐多展、お時間ありましたらご覧下さいとメールしておきました。

明日は周辺でのいろいろをレポートいたします。

【折々のことば・光太郎】

指導理念といふことが言はれてゐますが、さういふものは美術家自身、つまり現にそれをやつてゐる人が自分で樹てるべきで、政府から方針を樹てて貰ふといふやうなことは、抑々間違つてゐると思ひます。

対談「東亜新文化と美術の問題」より 昭和17年(1942) 光太郎60歳

戦時中の光太郎、詩や文章では大政翼賛の方向にどっぷりでしたが、美術方面では美術報国会にも入らず(実弟の豊周が事務局長でしたが)、いわゆる戦争画や兵士を題材にした彫刻などには批判的でした。この差異には興味深いものがあります。

長野県松本平地区で発行されている地方紙『市民タイムス』さん。000今月、一面コラムで立て続けに光太郎の名を出して下さっています。

まず、8月9日(金)。

2019.8.9 みすず野

山が好き、本が好き、音楽が好き、映画が好き、野球が好き、旅行が好き...何が好きかは本当に人それぞれだと感じるが、好きになる原点のようなものは、大概少年少女期にあるのでは◆山が好きというか、高い山に登りたかった。少年時代、中央アルプスの山稜と、南アルプスの遙かな山並みを眺めて育ったので、いつかあの山の頂に立ってみたい、と思った。それは北アルプスにも通じる思いで、北アには学生のころと、本紙で連載を企てた40代前半に登り歩いた。北アの玄関口はご存じ上高地。上高地の魅力は幅が広く、奥が深く、自然景観にとどまらない◆新刊『名作で楽しむ上高地』(大森久雄編、ヤマケイ文庫)を紹介され、いま手元にある。かのウェストンから小島烏水、辻村伊助、窪田空穂、芥川龍之介、若山牧水、高村光太郎、尾崎喜八、北杜夫、串田孫一、穂苅三寿雄・貞雄、松本市在住の三井嘉雄さんまで、おのおの上高地をつづった"佳作"ぞろい◆以前読んだり、触れたりしたものが多く、懐かしい。上高地や北アを登り歩く機会は失われたが、山好きは変わらない。この夏、本で楽しみ、味わうことにしよう。


6月に刊行された大森久雄氏編、山と渓谷社さん刊のヤマケイ文庫『名作で楽しむ上高地』が紹介されています。


続いて、昨日。

2019.8.15 みすず野

「天皇陛下におかせられましては、全国民に対し、かしこくも御自ら(中略)玉音をお送り申し上げます」。このあと、戦争の終結を告げる天皇の声が、独特の抑揚を伴って流れ、ラジオの前に集まった国民は、太平洋戦争が終わったことを知らされた◆昭和20(1945)年8月15日の正午過ぎ。悲喜こもごも、国民の受け止め方は立場、年代によってさまざまだった。作家の高見順は「遂に敗けたのだ。蝉がしきりと鳴いている。音はそれだけだ。静かだ」と「敗戦日記」に記している。詩人で彫刻家の高村光太郎は、岩手・花巻にいた。故宮沢賢治の縁で、賢治の弟宅に疎開していた◆戦後、ほとんどの文化人が東京に戻るが、光太郎は花巻郊外の山小屋に引きこもり、孤独でつましい農耕自炊生活を69歳まで7年間続けた。戦時中、戦争詩をたくさん作り、国民を鼓舞し続けたことに痛く責任を感じ、自身にその生活を課した。「小屋にいるのは一つの典型、/一つの愚劣の典型だ。」◆敗戦から74年。時代は昭和から平成、そして令和に。いかんともしがたい時の流れとはいえ、きょうという日は必ずめぐり来る。不戦の誓い新た。


令和となって初の終戦記念日ということで、各種メディア、例年より取り上げ方に熱が入っているように思われました。『週刊朝日』さんでも「文豪たちが聞いた「玉音放送」」という記事で、光太郎に触れて下さいました。

終戦の日の光太郎についてはこちら008

不戦の誓い新た。」まさにその通りですね。

【折々のことば・光太郎】

白髪三千丈ビールによつてかくの如く美し

短句揮毫 昭和27年(1952) 光太郎70歳

現在も続くビアホール、ニユートーキヨーさんのために書かれた色紙から。

「白髪三千丈」は、中国唐代の詩人・李白の詩からの引用です。

紙面にも載ったのかどうか存じませんが、『産経新聞』さんのサイトに、長野県上田市で開催中の「没後100年 村山槐多展」に関する記事が出ました。光太郎に触れて下さっています。 

没後100年 村山槐多展 新発見作含む創作の軌跡 「火だるま」が表現したかったものとは

 100年前、22歳の若さで世を去った詩人画家、村山槐多(かいた)(1896~1919年)。夭折(ようせつ)ゆえに現存作品は多くなく、画業の全貌は謎に包まれていたが、このほど油彩11点を含む140点以上が新たに確認された。長野県の上田市立美術館で開催中の「没後100年 村山槐多展」で公開されており、知られざる創作の軌跡が見えてくる。(黒沢綾子)
 槐多の未公開作品を多数確認したと、おかざき世界こども美術博物館(愛知県岡崎市)が発表したのは今年4月。槐多研究で知られる同館副館長代行の村松和明(やすはる)さんが、長年調査する中で存在が判明したものという。
 村松さんによれば、これまで槐
多の現存する油彩は30点弱とされてきたが、新たに11点が加わった。パステル画に水彩画、そしてデッサンなど小品や習作も含めると、未公開作品は140点を優に超える。
 その大半は少年期に描かれたもので、槐多の母校、旧制京都府立一中の同級生らの家で所蔵されてきたという。岡崎と上田で没後100年の記念展を開くにあたり、ようやく公開に至り、代表作の「尿(いばり)する裸僧」「バラと少女」などとともに並べられている。
                   ◇
 詩人の高村光太郎(1883~1956年)が「火だるま槐多」と表したように、烈火のごとく絵を描き詩をよみ、短い命を燃やし尽くした激しいイメージが槐多にはつきまとう。血のようなガランス(あかね色)の絵の具を塗り込めた「尿する裸僧」の、野性味あふれる僧の姿に、ありし日の画家を重ねる人も多いだろう。しかし初公開の作品群を見ると、それは画家の一側面に過ぎないのでは、と思えてくる。
 槐多は岡崎生まれ。
教師だった父の転勤で高知や京都に移り住み、やがて画家を志し18歳で上京した。
 槐多の画才にいち早く気付き、14歳の彼に油絵具一式を与えたのは、いとこの洋画家、山本鼎(かなえ)(1882~1946年)だ。その頃描いた「雲湧(わ)く山」(明治44年、初公開)は、大胆な構図といい、魅力的な絵肌といい、油彩に取り組み始めた少年の絵とは思えない早熟ぶりを示している。
 地元・京都の神社仏閣や近郊の山、水
辺を写実的に描いたパステル画も数多く展示。龍安寺の石庭をいろんな角度から、細部を含めて描写したスケッチも見応えがある。「槐多は授業中も絶えず手を動かし、絵の虫だったと級友らは生前語っていたそうです」と村松さん。繊細さと天真爛漫(らんまん)さを感じさせる初公開の作品群は、槐多が本格的に画家として突っ走る前の“助走”の部分を伝える。
 上京後、画業の挫折や失恋などを経て二十歳前後になった槐多は「アニマリズム」を標榜(ひょうぼう)。フォービスム(野獣派)など欧州の美術動向を意識しつつ、荒々しい筆致で内なる野生を表現し、充実期を迎えた。が、運命は過酷だ。結核性肺炎を宣告され、絶望のため酒浸りに。しかし最期まで、表現することをやめなかった。最後の詩「いのり」に痛切な願いを綴(つづ)っている。
 〈生きて居れば空が見られ木がみられ/画が描ける/あすもあの写生をつづけられる〉
 「彼が生涯を通じて描きたかったのは、自然への畏敬と、そこに生きる生命の賛歌でした」と村松さんは力説する。絶頂期に描かれた油彩の風景画「房州風景」(大正6年、初公開)は、画家の精神的な到達点を見せてくれる。
                   ◇
 9月1日まで。第1期(~8月12日)
と第2期(8月14日~9月1日)で作品を一部入れ替える。火曜休。一般500円。問い合わせは0268・27・2300。


イメージ 1   イメージ 2   イメージ 3

当方、盆休み中に行ってこようと思っております。夜中に移動すればそれほど道路も混んでいないと思いますのでそうします。


【折々のことば・光太郎】

悠々たる無一物に、荒涼の美を満喫せん    短句揮毫 戦後

昭和22年(1947)に発表された、自己の生涯をふりかえっての連作詩「暗愚小伝」中の「終戦」に、「いま悠々たる無一物に/私は荒涼の美を満喫する。」という一節があり、そのアレンジです。後にご紹介しますが、別のバージョンで、漢文風に漢字のみとした揮毫も存在します。

智恵子も、アトリエ兼住居も、過去の彫刻作品も、彫刻の出来る環境も、そして名声も、その全てを失い、文字通り裸一貫での蟄居生活。しかし、そこにも「荒涼の美」も見いだし、さらにそれを満喫しようというわけです。

光太郎の父・光雲とその高弟・米原雲海による信州善光寺さんの仁王像。今年が開眼百周年ということで、このところいろいろと動きがありました。


で、さらに先月。

まずはSBC信越放送さんのローカルニュースから。

善光寺の仁王像をPR・僧侶が事前研修

長野市の善光寺にある仁王像を参拝客にPRしようと、案内役を務める僧侶の事前研修が行われました。
善光寺の仁王門で勇ましく構える仁王像。
高村光雲と米原雲海が手がけ、1919年に登場してから今年で100年を迎えます。
きょう長野市の善光寺事務局で開かれた研修会には善光寺の僧侶などおよそ40人が参加しました。
講師を務めたのは東京芸術大学大学院の非常勤講師・藤曲隆哉さんで東大寺の仁王像を参考につくられていることや台座に固定されずに背中にある支えのみで立っているなどと解説していました。
善光寺の僧侶たちによる案内は来月13日から9月まで土曜と日曜を中心に行われる予定です。

イメージ 2 イメージ 1

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9 イメージ 10

続いて地方紙『信濃毎日』さん。

開眼100年 保ち続ける絶妙バランス善光寺仁王像 実は自立構造

010 善光寺(長野市)の仁王門に納められた仁王像2体が、台座に突起などで固定されず、ほぼ像の重さだけで自立する珍しい構造であることが26日、東京芸大大学院の文化財保存学・保存修復彫刻研究室などの調査で分かった。全国の仁王像でも見当たらない構造だといい、1919(大正8)年の開眼から100年間、絶妙なバランスで倒れずに立ってきたことになる。
 7~9月に同寺一山の僧侶たちが参拝者に仁王像や仁王門を案内する取り組みに向け、26日に同寺で研修会を開催。この場で講師を務めた同研究室非常勤講師の藤曲(ふじまがり)隆哉さん(36)が、1月に実施した現地調査の分析結果を明らかにした。
 藤曲さんによると、一般的に仏像の足には「ほぞ」と呼ばれる突起状の部材があり、それを台座の穴に差し込んで固定している。しかし、善光寺の仁王像の足にはほぞがなく、金具で像の背中と壁をつなげているものの、壁の板に大きな負荷がかかっている跡はないという。
 像は重さ300キロ以上とみられ、藤曲さんは「均整の取れたプロポーションで、バランスを取って自立している状態」と指摘。ただ、設置当初と比べると台座上で10センチほど動いたことも分かったとし、「100年間立っているものの、このままで倒れることはないか検討が必要」とした。
 仁王門南側の左右に並ぶ仁王像は、向かって左側が口を開いた阿形(あぎょう)、右側が口を閉じた吽形(うんぎょう)で、ともに高さ5・3メートル前後と分かった。彫刻家高村光雲(1852~1934年)と弟子の米原雲海(1869~1925年)を中心に、松本市中町出身の彫刻家太田南海(1888~1959年)らが関わって制作。ほぞを使わない構造について藤曲さんは「西洋の先進的な制作技法を取り入れており、今までにない造形を目指した表れかもしれない」と推測した。
 このほかエックス線調査では、複数の部材をかすがいやくぎを使って内部で接合していること、頭部や足、指先などに空洞があり、軽量化を図っていることも判明。像全体について「虫食いなどはなく、良い状態」としつつ、「もう修理を計画してもいい時期に来ている」と指摘した。
(6月27日) 


像高5メートルを超える仁王像に「ほぞ」が採られて居らず、ほぼほぼ自立しているというのは驚きでした。光雲とその一派の高い技倆がこんなところにも表れているわけで。

仁王像開眼百周年の特別法要は9月だそうです。その件で、また別件でも情報が入りましたらお伝えいたします。


【折々のことば・光太郎】

別に感想もありませんが、新年号の満艦飾を見ると、如何にも田舎田舎した野暮くささを感じるだけです。

アンケート「雑誌新年号観」全文 大正15年(1926) 光太郎44歳

「雑誌の新年号なるものに対する感想」という問いに対しての答えです。ここでいう「雑誌」は、どちらかというと商業資本の総合誌を指しているのでしょう。現代でもそうですが、新年号というと、通常よりも派手な装幀を施してめでたさを強調し、売り上げ増を狙うもので、それに対するアイロニーですね。

本日は合唱系で。

まず、長野県から演奏会情報。

コーロ・カンパーニャ 第7回コンサート

期 日   : 2019年6月23日(日)
会 場 : 松本市音楽文化ホール 長野県松本市島内4351
時 間 : 14:00開演
料 金 : 一般1,000円  高校生以下500円
曲 目 : 
 清水脩 高村光太郎の世界   亡き人に 智恵子抄巻末のうた六首 私は青年が好きだ
 アラカルト~生きること 歌うこと VITA DE LA MIA VITA (W.HAWLEY)
  あなたの心のなかに(松下耕) 他
 Missa brevis (G-dur)  V.Miškinis

昭和の名曲、南アフリカの結婚歌、トルミス作品、現代日本の作品などのアラカルト、そしてメインはミシュキニスと、バラエティに富んだ曲目となっております。

6/23(日)、松本市音楽文化ホールでお待ちしています!


イメージ 1

故・清水脩氏の作曲になる光太郎詩をテキストとした作品で1ステージ。このうち「智恵子抄巻末のうた六首」、『智恵子抄』中の「亡き人に」(昭和14年=1939)に曲をつけたものは、楽譜やレコード、CD等で広く知られていますが、「私は青年が好きだ」(昭和15年=1940)にも清水氏が曲をつけていたのは存じませんでした。調べてみましたら、カワイさんから昭和44年(1969)に刊行された『清水脩合唱曲選集』に収められているようです。この手の古い作品を取り上げてくださるのはありがたいところです。
010
合唱といえば、当方も数十年混声合唱に取り組んでいますが、先々週には所属する団で千葉県合唱祭に出演して参りました。

わが団は、指揮者が故・大中恩氏の弟子筋に当たる方で、昨年暮に亡くなった氏の追悼的な意味合いも兼ね、氏の作品などを演奏しました(そうでなくても氏の作品をよくとりあげているのですが……)。

毎年、光太郎詩に曲をつけた作品が演奏されないかな、と思っているのですが、なかなか取り上げられません。さまざまな作曲家さんが作られてはいるのですが。同じことはコンクール系でも同様です。ただ、まだコンクール系の方がよく取り上げられているかな、という感じですね。合唱祭というと、たしか6分間だかの時間制限があって、そのあたりもネックになって居るような気がします。

で、千葉県合唱祭。出演団体が多いので、3日間、それぞれ午前・午後に分け、計6ブロックでの実施です。わが団と同じブロックに出演された千葉県立松戸高校合唱部さんが、昨年ヒットした米津玄師さんの「Lemon」を演奏なさいました。若々しく真面目ないい演奏でした。

イメージ 3

「Lemon」、米津さんご自身、光太郎詩「レモン哀歌」(昭和14年=1939)からのインスパイアもあるかもしれないとおっしゃっています。J-POP系もヒットすればすぐ合唱編曲が出るっけな、と、それは失念していました。

プログラムをめくってみますと、異なるブロックでも複数の出演団体が「Lemon」を演奏なさっていました。

イメージ 4

イメージ 5

たまたまでしょうが、すべて松戸市の高校さん。松戸と「Lemon」には直接関係はないと思います。アレンジは2種類で、吉田宏さんという方と、西條太貴さんという方ですね。西條さんのヴァージョンは混声3部、主に吹奏楽の楽譜を扱っているウインズスコアさんという会社から出版されています。

全国の合唱団さん等で取り上げていただき、元ネタである「レモン哀歌」にも関心を寄せていただきたいものです。


【折々のことば・光太郎】

平日研究のモデル費にあてる為、斯ういふ会を又催します。今度は途中でお断りするやうな事をしません。そして永く続けます。

雑纂「木彫小品鳥蟲魚介蔬菜果蓏を頒つ」より
 大正13年(1924) 光太郎42歳

木彫の頒布会広告です。少し前に同趣旨で絵画やブロンズ彫刻の頒布会を立ち上げ、スポンサーを募りましたが、作品を換金することに抵抗を感じ、どちらも長続きしませんでした。しかし、前年の関東大震災を受けて、ブロンズの入手が困難だったという部分もあり、ふと回帰した木彫が意外に好評で、それなら本格的に売り出すか、という感じでした。やはり智恵子は作品を手放すことに難色を示し、懐に入れて持ち歩いたそうです。

複数の「蝉」や「鯰」などがこれによって作られ、さらに別個に百貨店での即売会にも出品(「栄螺」昭和5年=1930など)、多作ではなかったものの、光太郎自身、本当に「今度は途中でお断りするやうな事をしません。そして永く続けます。」というつもりだったようですが、顕在化した智恵子の心の病のため、それもできなくなってしまいます。

昨日に引き続き、新刊情報です。今回はアンソロジー的な……。 

名作で楽しむ上高地

2019年6月7日  大森久雄編  山と渓谷社(ヤマケイ文庫)  定価1,000円+税

上高地再発見!
登山家、文学者の紀行・エッセーと歴史エピソードの名作集。
文政9(1826)年の播隆、明治24(1891)年のウェストンに始まり、上高地は常に日本の登山の中心にあり、幾多の登山者、文学者たちが訪れてきた。
彼らの残した名作で、上高地の魅力を再発見し、さらに興味深い上高地の歴史やそこに生きた山人たちの姿をしのぶアンソロジー。
登山家は小島烏水、辻村伊助、田部重治ほか、文学者は窪田空穂、高村光太郎、若山牧水、芥川龍之介ほか、読んでおきたい本当の名作が一冊に。
上高地の魅力、歴史、上高地に生きた人々など、上高地を深く知るためにも役立ちます。

  イメージ 1

 第一部 エッセーで味わう上高地
       穂高・徳沢・梓川  浦松佐美太郎
  神河内  松方三郎
  小梨の花咲く上高地  尾崎喜八
  初夏の上河内  串田孫一
  花の百名山より  田中澄江
 第二部 早期登山者たちの見た上高地
  日本アルプスの登山と探検(抄) W・ウェストン 青木枝朗訳
  梓川の上流  小島烏水
  上高地渓谷  田部重治
 第三部 青春の上高地、槍・穂高
  夏休みの日記/山と雪の日記(抄)  板倉勝宣
  穂高星夜  書上喜太郎
  涸沢の岩小舎を中心としての穂高連峰(抄) 三田幸夫
  穂高の雪  今井喜美子
  アルプス讃歌  北杜夫
 第四部 上高地を訪れた文人たち
  明神の池  窪田空穂
  山路  若山牧水
  槍ヶ岳紀行  芥川龍之介
  芥川龍之介の槍ヶ岳登山  山崎安治
  智恵子の半生(抄)/狂奔する牛 高村光太郎
  日本高嶺の高嶺(抄) 大町桂月
 第五部 上高地と槍・穂高連峰の歴史
  槍・穂高連峰登山略史(抄)  山崎安治
  かみこうち宛字の詮索  岡茂雄
  播隆の槍ヶ岳登山(抄)  穂苅三寿雄・穂苅貞雄
  槍ガ岳と共に四十年(抄) 穂苅三寿雄
  焼岳の噴煙  三井嘉雄 

同じ山と渓谷社さんのヤマケイ文庫で、一昨年には『紀行とエッセーで読む 作家の山旅』が刊行されており、こちらは全国の名山に関し、やはり光太郎を含む多くの文人たちのアンソロジーでした。今回は上高地に特化したものです。

光太郎の掲載作品のうち、「智恵子の半生」は、智恵子歿後の昭和15年(1940)、雑誌『婦人公論』に「彼女の半生-亡き妻の思ひ出」の題で発表され、翌年、詩集『智恵子抄』に収められた長い文章です。恋愛時代、結婚生活、そして心を病んで結局結核で亡くなるまでの智恵子の姿が描かれています。

光太郎と智恵子が婚約したというのが大正2年(1913)の上高地に於いてで、滞在中のできごとやその前後の経緯なども記されています。『名作で楽しむ上高地』では、そのあたりを抜き出して「(抄)」としているのでしょう。

詩「狂奔する牛」は大正14年(1925)の作。やはり『智恵子抄』収録作で、上高地での見聞をモチーフとしています。上高地ではかつて徳沢周辺を中心に牧場があり、牛も上高地を代表する風景の一つでした。

ちなみに当方、平成27年(2015)、『山と渓谷』さんのライバル誌『岳人』さんに、「高村光太郎と智恵子の上高地」という文章を書かせていただきました。そちらでも「智恵子の半生」、「狂奔する牛」ともに引用、紹介しています。2015年3月号で、「特集 言葉の山旅 山と詩人上高地編」。まだバックナンバーの在庫があるようです。

併せてお買い求め下さい。


【折々のことば・光太郎】

おまけに担任の先生というのが、どこかの国の訛の強い先生で、東京以外を知らない江戸つ子のわたしには、その先生の言葉が分からなかつた。「アルタの数が……」 もう分からなかつた。アルタの数、とはなんだろうか。分らない。後になつてわかつたことだが、これは「或る他の数が……」ということであつた。

談話筆記「わたしの青銅時代」より 昭和29年(1954) 光太郎72歳

高等小学校を卒業し、本郷森川町にあった共立美術学館予備科に編入し、旧制中学の課程を学ぶこととなった明治29年(1896)、数え14歳当時の回想です。この学校はもともと東京美術学校の予備校として同窓生たちが作ったもので、横山大観が館長でした。光太郎、編入ということで、特に数学ではかなり苦労したようです。

いわゆる右脳型だったらしい光太郎、数学でも幾何の分野はましでしたが、代数の領域はお手上げだったとのこと(ちなみに当方もそのようで、その気持ちはよく分かります(笑))。他の機会には「高村の家には理系の地は一滴も流れていない」と負け惜しみ的な発言もしています(笑)。実弟の藤岡孟彦は植物学者になったのですが(笑)。

溜まってしまう前に……。

まずは3日(金)の『日本経済新聞』さん……というより共同通信さんの配信記事です。信州善光寺さんでのもろもろをご紹介して下さいました。

善光寺、あうんの呼吸1世紀 仁王像の節目祝う企画

長野市の善光寺で国宝の本堂に向かう参拝客らを仁王門の両脇から出迎える2体の仁王像・阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)が今年9月に開眼100年を迎えるのを記念し、ライトアップや写真コンテストなどの企画が相次いでいる。善光寺の事務局は節目の年に「より多くの方に善光寺を訪れてほしい」と期待を寄せる。
1752年に建立された当初の仁王門と仁王像は1847年の地震に伴う火災で焼失。いったん再建された後も火災に見舞われ、仮の門を代用した時代を経て1918年3月に現在の高さ約14メートルの仁王門が建立された。
高さ約5メートルの仁王像2体が復活したのは翌19年9月。彫刻家の高村光雲と弟子の米原雲海が木曽ヒノキを使い、完成までに4年の歳月を要したという。
昨年は仁王門再建から、今年は仁王像開眼からそれぞれ100年に当たるのを記念し、善光寺は昨年9月から仁王門に貼られた約1200枚の千社札を剥がしたり、仁王像のすす払いを造立後初めて実施したりして、装いも新たにした。
また、仁王像の姿や造形美を際立たせるために午前6時から午後8時までオレンジ色にライトアップし、門の脇を5色の吹き流しで彩る。仁王門や仁王像の写真コンテストとして6月14日まで作品を受け付けているほか、保存や管理を目的に明治、大正期や昭和20年代までの古い写真も募っている。節目となる9月ごろには大規模な記念法要も予定されている。
4月下旬、善光寺を初めて訪れたという甲府市の無職、山下広明さん(71)は「災害など苦難を乗り越えた力強い仁王門、仁王像だと感じた。100年という記念の年に来られて、パワーをもらえた」と話していた。〔共同〕

000


続いて、4日(土)、『読売新聞』さんの一面コラム。

編集手帳

陽光に輝く綠の濃淡が心を弾ませる。咲き競うツツジやシャクナゲも生命力にあふれる。 〈植物はもう一度少年となり少女となり/五月六月の日本列島は隅から隅まで/濡れて出たやうな緑のお祭〉。高村光太郎は詩『新緑の頃』で青葉若葉の季節を讃美する◆誰もが幸福そうに見える。山が人を幸福にするのはなぜだろう-----。奥秩父の山小屋が舞台の笹本稜平さんの小説『春を背負って』で、主人公の小屋主が登山客の姿に思う。山小屋を訪れる人々は自然の中で癒やされていく◆大型連休中に山歩きやキャンプを楽しむ方も多かろう。今日は「みどりの日」、新緑のエネルギーを吸収し、英気を養うにふさわしい◆この春、社会に出た若者は、緊張続きのひと月を経て、ほっと一息というところか。抑え込まれていた疲れが噴き出して、虚脱感に覆われがちな時期でもある◆〈悲しめるもののために/みどりかがやく/くるしみ生きむとするもののためにめiに/ああ みどりは輝く〉。室生犀星の『五月』と題された四行詩は悩める心を優しく励ます。薫る風に憂いを払い、心機一転、次なる一歩を踏み出したい。

まさに青葉若葉の季節です。それだけに自宅兼事務所の庭の雑草取りも大変ですが(笑)。


そして今朝の『毎日新聞』さん。俳壇・歌壇面に載ったコラムです。

出会いの季語 北上へ花を追い=高田正子009

 今年は思いのほか長く花時を楽しむことができた。関東圏では卒業式のころには咲き始めていたが、その後の冷え込みによって、めでたく入学式までもちこたえたのだ。そのうえ、花を追って北上するという贅沢(ぜいたく)をしてしまった。標高の高い所へ赴き、はからずも花の時を遡(さかのぼ)ることは日常的にもあり得るが、桜前線を追って自ら動くのは、日々の飯炊きを担う者にとっては目くるめく体験である。
 最終目的地は岩手・北上(きたかみ)の雑草園。俳人山口青邨(せいそん)(1892~1988年)の旧居である。元は東京・杉並にあったが、北上市の詩歌の森公園内に移築されているのだ。
 身ほとりの花が大方散り、遅咲きの桜はまだ固い蕾(つぼみ)であった四月後半、いつもの吟行メンバーが東京駅に集合した。朝からコートが要らないほどの陽気である。<もうひとり待つて始まる花の旅 正子>。とはいえアラ還以上の世代に遅刻は無い。
 みちのく(道の奥)へも今や新幹線でぴゅーっと一走りである。永久(とわ)の別れになることをも覚悟して芭蕉と曽良が旅立ったのは、たった三百年前のことだというのに。 車窓の景色は川を越えるたびに季節を巻き戻してゆく。あら辛夷(こぶし)が、と思うころには仙台に着いていた。芭蕉が「心もとなき日数(ひかず)重なるままに」差し掛かった白河の関も、気づかぬままに通過した模様。<居眠りて過ぐ白河の花の関 正子>。両岸が緑に潤む川を渡ると北上駅である。コートのライナーを外してきたことをコートのライナーを外してきたことを心から悔やみつつ、初日は花巻へ。宮澤賢治の里から、翌日高村光太郎山荘を経て北上へ戻り、雑草園へ。
 わが書屋落花一片づつ降れり 山口青邨
青邨は旅の一行の先生の先生である。桜は一片だに散らさぬ完璧な佇(たたず)まいで、ちょうど花弁を散らしていたのは門の白梅であった。以前訪れたときには庭に居た石の蛙の姿が見えず。冬眠中? そんなわけはないと思うが、また夏に来てみようか。(たかだ・まさこ=俳人)

桜前線をトレースする行程、「東北新幹線あるある」です(笑)。

ぜひ高村山荘のレポートも書いていただきたいところですが……。


【折々のことば・光太郎】

人間の生活は網の目のように引つぱり合つてできているので、文化ということもあまりせつかちに一部分だけにつぎこむと、かえつて悪いこともある。こういう古いけれどもいいならわしのあるところは、ゆつくり進む方がよいような気がする。
散文「山の人々」より 昭和26年(1951) 光太郎69歳

高村山荘のある花巻郊外旧太田村山口地区を評しての一言です。たしかに「地方創成」といいながら、プチ東京をあちこちに作っても仕方がありませんね。

甲信地域には、光太郎ゆかりの人々の記念館さんや、それらの人物の作品などを収めた美術館さんなどが多く(その代表が碌山美術館さんですが)、時間に余裕がない場合を除き、碌山美術館さんに行く際には、必ず他にも立ち寄ることにしています。

一昨日は、月曜日でした。記念館さん、美術館さんの類は、ほぼほぼ月曜休館なので、どうしようかと考えた結果、長野市の信州善光寺さんに参拝することにいたしました。

こちらの仁王門には、光太郎の父・光雲と、その高弟・米原雲海による仁王像、三面大黒天像、三宝荒神像が納められ、仁王門は昨年、仁王像は今年が、それぞれ100周年のメモリアルイヤーとなります。9月には100周年を記念しての特別法要があるそうで、それに向けて、昨年から今年にかけ、さまざまな動きがありました。


9月の特別法要にも足を運ぶつもりでおりますが、予定が狂うことも考えられますし、下見も兼ねてと考え、今回参拝しておくことにしました。

ちなみに善光寺さんを訪れるのは3回目でした。最初は幼かった頃、2度目はこのブログを始める直前の10年ほど前の家族旅行でした。

イメージ 1

善光寺さん、駐車場は裏手の方でした。そこで、本来なら上記画像でいうと下の方にあたるゾーンから、仁王門、山門をくぐり、本堂へというのが正しい経路になりますが、裏口から入ったので、それとは逆のコースをたどりました。

最初に本堂裏の日本忠霊殿・善光寺史料館。三重塔の形をした建造物です。

イメージ 2 イメージ 3

こちらには、仁王像、三宝荒神像、三面大黒天像のひな型が展示されています。

イメージ 4

ひな型といっても、仁王像は像高1メートル50センチ余ですし、三面大黒天像、三宝荒神像も同じく1メートル余で、それなりの大きさです。

4体とも、平成14年(2002)に、茨城県近代美術館さん他を巡回した「高村光雲とその時代」展に出品された時に拝見しまして、17年ぶりでした(10年前の家族旅行の折にはパスしましたので)。「高村光雲とその時代」展の際は、とにかく出品点数が多く、一つ一つの作品を仔細に観る余裕が無かったのですが、今回改めて4体を細かに拝見、興味深く感じました。

像高150㌢余ということで、考えてみれば当然なのですが、仁王像は寄木造りでした。有名な光雲の木彫というとそれほど大きなものは無く、一木造りのものがほとんどですから、意外に感じました。ただ、寄木といっても、ボーッと見たのでは継ぎ目がわからないほどに処理されています。

それにしても今にも動き出しそうな躍動感が実に見事でした。

三面大黒天像、三宝荒神像は、平成27年(2015)に東京藝術大学さんによる修復が行われており、くすみの見えていた彩色が色鮮やかに復活し、まるで最近作られたもののようでした。


その後、本堂→山門→仁王門と、逆コースで歩き、再び仁王門から山門、本堂へ。

随所で桜が見事でした。平日にもかかわらず、やはり多くの参拝客の皆さんでにぎわっていました。

イメージ 5

さて、仁王門。

イメージ 6

イメージ 7

こちらの仁王像は丈六(約 4.85m)です。

イメージ 8

イメージ 9 イメージ 10

大正時代、これを運ぶために特別に無蓋貨車をしつらえたという話もあります。

それぞれの背面に、三面大黒天像、三宝荒神像。

イメージ 11 イメージ 12

イメージ 13 イメージ 14

イメージ 15 イメージ 16

おそらく10年前には無かった説明版が設置されていました。「像高約二メートル」となっていますが、七尺五寸のはずなので、換算すると約2㍍85㌢となります。台座部分を入れずれに約2㍍としているのでしょう。

続いて山門。

イメージ 17

そして本堂。

イメージ 18

この地の安寧を祈願し、さらにちょっとだけ個人的に「道中安全御加護」と唱えさせていただきました。

本堂の斜め前に、「授与品所」があり、最近はやりの御朱印などもこちらでいただけるようになっています。さらにお札やお守り、数珠やお香、その他さまざまなグッズも販売されています。

仁王尊グッズはないかと思って覗いてみましたところ、ありました。それもかなり。

まず交通安全のお守り。赤、白、黒と三種類ありましたが、さすがに3枚買うのも何ですので、黒のみ購入。

イメージ 19

続いてエンボスステッカーセット。

イメージ 20

さらに手ぬぐい。

イメージ 21 イメージ 22

仁王尊、ここまで行くと、ゆるキャラ化しています(笑)。


その後、駐車場に戻り、愛車を駆って安曇野市碌山美術館さんを目指しまして、昨日のレポートに戻ります。


というわけで、信州レポート、終わります。


【折々のことば・光太郎】

時鳥は暗いうちから啼いてゐて一日中実にせつかちに、つづけざまに啼く。よくも続くものだと思ふほど休みなしに「ホンゾンカケタカ、ホンゾンカケタカ」をくり返す。こんなに切なく友を求める鳥も珍らしく、蝉のせつかちに似てゐる。
散文「七月一日」より 昭和21年(1946) 光太郎64歳

「時鳥」は「ホトトギス」。自宅兼事務所周辺でも、そろそろその特徴ある鳴き声が聞こえてくると思われます。

花巻郊外旧太田村での蟄居生活。気ままな一人暮らしという面もありましたが、「こんなに切なく友を求める」あたりに光太郎の一抹の寂しさを読み取るのは考えすぎでしょうか。

昨日は愛車を駆り、日帰りで信州に行っておりました。2回に分けてレポートいたします。

まず、メインの目的であった、安曇野市の碌山美術館さん。光太郎の親友だった碌山荻原守衛を顕彰する個人美術館ですが、昨日が守衛の命日、「碌山忌」でして、いろいろと催しもあり、駆けつけた次第です。

イメージ 14

イメージ 1

平成25年(2013)の碌山忌にお伺いした際には雪が降り、一時吹雪いたりして驚きましたが、昨日はもう春爛漫という感じ。同じ吹雪でも桜の花吹雪でした。

イメージ 2 イメージ 3

イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

守衛が亡くなったのは明治43年(1910)、昨日は第109回という扱いでした。

午後4時から墓参ということで、それに間に合うように行きましたが、少し早く着いたので、先週土曜から始まった企画展示「荻原守衛生誕140周年記念特別企画展 傑作《女》を見る」を拝見。会場は第二展示棟です。

イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9

直上の画像は、閉館後に許可を得て撮りました。

守衛の絶作にして、その石膏原型が近代彫刻として初めて重要文化財に指定された「女」(明治43年=1910)。同郷の先輩で、新宿中村屋さんの創業者・相馬愛蔵の妻だった良(黒光)の面影を遺しています。

同じく良との関わりが指摘される「文覚」(明治41年=1908)、「デスペア」(明治42年=1909)と合わせ、石膏複製3体が展示されています。周囲の壁とガラスケースにはそれらに関するパネル展示や、守衛自筆の構想スケッチ、光太郎から守衛宛の書簡など。実に興味深く拝見しました。


その後、現荻原家ご当主の荻原義重氏の車に乗せていただき、墓参。歩いて行くには遠い場所です。

イメージ 10

太平洋画会で智恵子の師でもあった中村不折の揮毫による守衛墓碑に香華を手向けました。明治43年(1910)、守衛が亡くなった直後、関西旅行に行っていた光太郎も急ぎ墓参に訪れています。

荻原氏に相馬家(当時の建物が現存)なども案内していただき、再び館へ。

午後5時20分から、武井敏学芸員による研究発表。

イメージ 11 イメージ 12

イメージ 13


題して「『荻原守衛日記・論説集』の発刊と新発見」。こちらも興味深く拝聴しました。メインは昨秋、同館から刊行された『荻原守衛日記・論説集』を編んでみて、改めて見えてきた守衛像、的なお話でした。

それから「おまけ」として、「Ogihara」と「Rokuzan」。一般には「荻原守衛」は、「おぎらもりえ」と読んでしまっていますが、正しくは「おぎら」だそうで、守衛がローマ字表記で書いた書簡などに、「Ogihara」と記されている実例が挙げられました。ところが、どこかで混乱が生じたようで、先述の義重氏、パスポートを申請する際に「おぎら」と書いたところ、不可。なぜか住民票では「おぎら」となっていたそうで。しかし正しくはあくまで「おぎら」だとのこと。ただし、守衛自身も「Ogiwara」と署名している場合もあるそうですが。

それから、「Rokuzan」。「碌山」の号は、夏目漱石の小説「二百十日」(明治32年=1899)の登場人物「碌さん」から採られたものですが、となると、「ろくん」ではなく「ろくん」と読むべき、という説がありました。しかし、こちらも守衛留学中に買い求めた蔵書に「Rokuzan」の署名がみつかり、やはり「ろくん」で良かったのだ、と確認できたとのこと。

くわしくは割愛しますが、実は「光(こう)太郎」、「智恵子」も本名ではありませんし、意外と名前はくせ者です。


研究発表終了後、懇親会的な「碌山を偲ぶ会」。

イメージ 15

会場は木造ロッジ風のグズベリーハウス。永らく売店としても使われていましたが、売店機構は受付に移転し、こうした場合の集会所としての(平時は休憩コーナー的な)使用法になっています。


毎回恒例となりました、光太郎詩「荻原守衛」(昭和11年=1936)の全員での朗読に始まり、同館元館長にして代表理事の所賛太氏のご挨拶、高野現館長による報告、そして碌山友の会会長・幅谷啓子さんの音頭で献杯。

イメージ 16

イメージ 17 イメージ 18

その後、ほぼほぼ手作りのお料理をいただきながら、スピーチ。

いの一番に当方に振られてしまいました。で、同館には非常にお世話になっておりながら、経済的な部分での援助が出来ず(それをやってしまいますと、光太郎と関連する人物の顕彰団体等全てに平等にやらねばなりませんので)申し訳なく思っておりましたので、罪滅ぼしに下記を寄贈する旨、お話しさせていただきました。

イメージ 19

昭和55年(1980)に発行された50円切手、「近代美術シリーズ第8集 荻原守衛 女」の関連です。

イメージ 20 イメージ 21

20枚つづりの1シートと、解説書。

それから、切手コレクターの方々が作成されたFDCとその解説書。「FDC」は「ファースト・デイズ・カバー」の略だとのことで、それぞれの切手と関連する図柄の封筒などを作成し、当該切手の発売日に郵便局の窓口で購入した切手を貼り、発行日の消印を押してもらうというものだそうです。当方、切手マニアではありませんので詳しいことはよくわかりません。間違っていたらごめんなさい(笑)。

イメージ 22 イメージ 23

同じ近代美術シリーズの第16集では、光太郎の父・光雲の「老猿」も取り上げられており、そちらを集めている中で、「守衛の「女」もあるんだ」というわけで、「では碌山美術館さんに寄贈しよう」と思い立ち、ネットオークションなどでコツコツ集めた次第です。

さっそくグズベリーハウス内に飾って下さいました。足を運ばれる方、ご覧下さい。

逆にいただきもの。

守衛と関わりの深かった新宿中村屋さんから。

イメージ 24

開けてみると……

イメージ 25

中村屋さん名物の一つ、月餅でしたが、通常のものではなく、碌山美術館さんの本館と、「女」をあしらった特別バージョン。平成27年(2015)、新宿の中村屋サロン美術館さんで、開館1周年記念に配られたものと同一のようです。

何だかもったいなくて食べられません(笑)。


午後8時を過ぎたところで、散会。愛車を駆って帰りました。

碌山美術館さんに参上する前に、長野市の善光寺さんに参拝してまいりましたので、明日はそちらをレポートいたします。


【折々のことば・光太郎】

人間として当りまへに行動しさへすれば、別に努力しなくともそんな不愉快な車中の空気を醸し出さずにすむはずなのだが、不思議に汽車の中では多くのプチブルが動物性を発揮して、平素の家庭生活の野蛮さを曝露し、お里の知れる振舞を平気でやるのを目撃せねばならなかつた。

散文「汽車ぎらひ宿屋ぎらひ」より 昭和21年(1946) 光太郎64歳

「汽車ぎらひ宿屋ぎらひ」は光太郎自身の自称です。汽車そのものや旅行自体が嫌いというわけではなく、行く先々で眼にする人々のマナーの悪さが気になって、出不精になったというのです。

公共交通機関や安い宿で、傍若無人な振る舞いに閉口させられる、というのはまったく同感です。

昨日に引き続き、信州安曇野の碌山美術館さん関連で。

過日、同館から贈っていただいた『碌山美術館報 第39号』。

イメージ 1


毎年、年度末に刊行される年刊ですが、毎号50ページを超える分厚いものです。今号は68ページもあります。ただ厚いというだけでなく、内容も充実。頭が下がります。

イメージ 2


過去の号でもそうでしたが、同館が顕彰する碌山荻原守衛の親友だった光太郎、そして智恵子についても言及されています。

ちなみにここ数年の号で、光太郎がらみを大きく取り上げて下さったもの → 第34号(平成26年=2014)第37号(平成29年=2017)第38号(平成30年=2018)

今号では、まず上記の表紙が守衛の代表作の一つ「坑夫」(明治40年=1907)の紹介。パリ留学中の習作で、これを見せられた光太郎が感銘を受け、ぜひ日本に持ち帰るように勧めた作品です。そうした経緯の説明が為されています。ご執筆は前館長の五十嵐久雄氏です。

それから同館の開館に奔走した荻原碌山研究委員会委員長 横沢正彦関連の記事で、昭和29年(1954)に東京芸術大学石井鶴三研究室から刊行された『彫刻家 荻原碌山』(光太郎が寄稿し、題字も揮毫)などに触れられています。

また、同館で昨秋行われた武井敏学芸員による美術講座「新しい女」の筆録。物心両面で守衛を助けた新宿中村屋創業者・相馬愛蔵の妻・黒光がメインですが、同じく明治から大正にかけに「新しい女」と称された平塚らいてう、伊藤野枝、松井須磨子らと並んで、智恵子についても詳しく言及されています。黒光や智恵子との関連で光太郎にも。

さらに、やはり昨秋の同館開館60周年記念行事の一環として開催された建築家・藤森照信氏によるご講演「碌山美術館の建築と建築家について」の筆録。講演で使われたスライドショーの図版も豊富に掲載されています。


ご入用の方は、同館まで。


【折々のことば・光太郎】

この小屋の中にはいろいろの有象無象が充満してゐますが、それらが消え去つたあとに、昔の人たちが出て来ていろいろ咡きます。最後に智恵子が出て来ます。食事の時でも執筆の時でも、僕はいつでも智恵子と二人ゐます。人間は死ねば普遍的になります。生きてゐる間は、対ひ合つてゐるだけの二人ですが、死ねばどこへでも現れます。

談話筆記「(今日はうららかな)」より 昭和21年(1946) 光太郎64歳

戦後の7年間、逼塞していた花巻郊外旧太田村の山小屋。そこに現れる「昔の人たち」の幻影。その中にはかつての親友、碌山荻原守衛の姿もあったのではないでしょうか。

光太郎の親友で、早世した碌山荻原守衛を顕彰する信州安曇野市の碌山美術館さん関連です。

まずはイベント情報。

第109回碌山忌

期   日 : 2019年4月22日(月)
会   場 : 碌山美術館  長野県安曇野市穂高5095−1
時   間 : 10:30~
料   金 : 無料

プログラム
 10時半~     ミュージアムトーク(碌山館)
 1時     ミュージアムトーク(第二展示棟)
 1時半~3時    碌山忌コンサート
 4時~      墓参
 5時20分~50分 碌山研究発表「『荻原守衛日記・論説集』の発刊と新発見」
          講師 武井敏学芸員
 6時~7時45分   碌山を偲ぶ会 会場 グズベリーハウス(会費1,000円)

イメージ 1


イメージ 2

明治43年(1910)に、数え32歳で亡くなった守衛を追悼する碌山忌。109回めとなるそうです。

毎年、研究発表が行われており、今年は同館学芸員の武井敏氏による「『荻原守衛日記・論説集』の発刊と新発見」。『荻原守衛日記・論説集』は、昨秋、同館から刊行されたA4版ハードカバー、571頁という厚冊で、ほぼオールカラー。日記の部分は、日記そのものの画像が全頁掲載され、もちろん活字にもなっており、さらに詳細な注釈も。舌を巻くようなものすごい資料です。

同館では平成21年(2009)にカタログレゾンネ的な『荻原守衛作品集』、同27年には『荻原守衛書簡集』を刊行し、この『荻原守衛日記・論説集』をもって、守衛の作品、資料を網羅する三部作の完結と位置づけているとのこと。

ある意味、同書のプロモーション的な発表になるのでは、と思われます。

当方、昨年は雑用に紛れ、行けませんでしたが、今年は参上つかまつります。


もう1点、明日から開催の企画展。 

荻原守衛生誕140周年記念特別企画展 傑作《女》を見る

期   日 : 2019年4月20日(土)~9月29日(日) 会期中無休
会   場 : 碌山美術館第二展示棟  長野県安曇野市穂高5095−1
時   間 : 9:00~17:00
料   金 : 一般700円  高校生300円  小中生150円 
         障がい者手帳をお持ちの方は半額
         20名様以上団体料金 大人600円/高校生250円/小中生100円

1910年(明治43)年、荻原守衛(碌山)が亡くなる直前に完成させた《女》は、明治以降の彫刻では第1号となる重要文化財指定を受け、今日においても日本近代彫刻の傑作として評価されています。
腕を後ろ手に組みながら上体は天空に向うポーズの表現は、相克を象徴するかのように浪漫性に溢れ、膝から頭頂部へ繋がる螺旋状の上昇感は、荻原が求めていた彫刻の生命を余すことなく伝えています。
《女》には、荻原が思いを寄せた女性、新宿中村屋の女主人、相馬黒光(本名:良)の面影が心象のモデルとなって表れています。苦難の姿とその先にある穏やかな表情は、悲恋の絶望と苦しみを克服し、美の境地へと昇華した荻原自身の心の姿でもあります。
本展では、黒光への想いが制作背景にある《文覚》、《デスペア》の二作品にも触れ、傑作《女》に見る荻原の精神的な深さと芸術の高さ、またそれらの時代における新しさについて迫ります。

イメージ 3  イメージ 4

ぜひ足をお運び下さい。


【折々のことば・光太郎】

しかし私は今、希望に満ちてゐます。山に来てから健康は倍加するし、未来の仕事は大きいし、独居自炊孤座黙念、胸のふくらむ思です。

散文「消息 二」より 昭和21年(1946) 光太郎65歳

空襲による二度の罹災で、数多くのものを失った光太郎。しかしかえってさばさばした思いでした。裸一貫やり直そう、みたいな。

まずは『福島民友』さん。当会の祖・草野心平を祀る同市立草野心平記念文学館さんで開催中の、冬の企画展「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」について。 

【いわき】草野心平、居酒屋の逸話いわき・記念文学館企画展007 (2)

 いわき市草野心平記念文学館は3月24日まで、同市小川町の同館で企画展「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」を開いている。
 草野心平は家族を養うために、詩を書く以外にさまざまな仕事をしていた。居酒屋もその一つで、1952(昭和27)年3月に東京都文京区で開店、約5年間継続し、文学仲間との議論が繰り広げられていた。
 企画展では、居酒屋の開店から閉店までの逸話がうかがえる原稿や草野心平が高村光太郎に宛てた手紙など24点を展示した。3月10日には「火の車」ゆかりのメニューを試食できるイベントも行う。居酒屋の店舗を再現した常設展示も行っている。
 開館時間は午前9時~午後5時。月曜日は休館。問い合わせは同館(電話0246・83・0005)へ。


続いて『読売新聞』さん。信州善光寺さんで開催中の「第十六回長野灯明まつり」に関して。

山門に浮かぶ平和への願い…善光寺ライトアップ

 長野市の善光寺をライトアップする「長野灯明まつり」007が6日、始まった。本堂や山門などが赤、黄、緑、青、紫の5色に染め上げられ、多くの来場者が見入っていた。
  平和への願いを込めて、2004年から毎年開催。今年は、オーストリア、ハンガリー両国が日本と外交関係を結んで150周年の節目となるため、山門には「平和」の文字やバレエやワルツを踊る様子がレーザー光線で映し出された。
  演出を担当した照明デザイナー石井幹子さん(80)は「ゆっくり光を眺めて、平和のありがたさを感じてほしい」と話した。11日まで。


同じ件で、共同通信さん

長野・善光寺が5色に輝く 平和願いライトアップ

 長野市の善光寺を赤、黄など5色にライトアッ008プする光のイベント「長野灯明まつり」が6日から始まった。1998年の長野冬季五輪の「平和を願う精神」を後世に継承するのが目的で、今年で16回目。11日までの夜間に開催する。
  国宝の本堂や、鐘楼が、五輪をイメージした赤、黄、緑、青、紫の5色に照らされると、観客から「きれい」と歓声が上がった。クラシック音楽が流れる中、本堂手前の山門に平和を意味する文字が日本語や英語、ドイツ語など4カ国語で映し出される演出も会場を沸かせた。
  川崎市の大学生佐藤絵莉香さん(22)は「写真をたくさん撮れて良かった」と笑顔を見せた。


こちらでは、光太郎の父・高村光雲と、高弟の米原雲海による仁王像のライトアップも為されています。


それぞれ、ぜひ足をお運び下さい。


【折々のことば・光太郎】

私はまだ零下四〇度などといふ極寒の地を踏んだ経験がなく、パミイル高原のやうな塩白み果てた展望を見た体験がないから、冬の季節の究極感を語る資格を持たないやうにも思ふが、又考へると、さういふ強力な冬の姿に当面したら、なほさら平常の感懐を倍加するのではあるまいかといふやうな気がする。
散文「満目蕭條の美」より 昭和7年(1932) 光太郎50歳

この項、一つの作品から一節ずつというのを基本としていますが、例外的に昨日と同じ「満目蕭條の美」から。此の文章、あまりにも光太郎という人物を端的に物語っていますので……。

昨日に引き続き信州善光寺さんネタです。

第十六回長野灯明まつり 「共鳴する平和への祈り」

開催期間 : 平成31年2月6日(水)~2月11日(月・祝)
時  間 : 18:00~21:00 ※初日は17:30からオープニングセレモニー
       最終日は 18:00 ~ 20:00

会  場 : 信州善光寺 長野県長野市長野元善町491 長野駅前西口、善光寺表参道
入場料金 : 無料
主  催 : 長野灯明まつり実行委員会

イメージ 1

イメージ 2

長野灯明まつりは、長野オリンピックの開催を記念し、2004年から装いを新たに始まった祭りです。
オリンピックの「平和を願う精神」を後世に遺してゆくため、世界に向けて「平和の灯り」を力強く発信しています。善光寺を五輪の色にちなんだ光で照らす「善光寺・五色のライトアップ」善光寺表参道に平和への想いが込められた光のアートが並ぶ「ゆめ灯り絵展」大きな光と小さな光を長野市へ皆で灯して、世界の平和を祈ります。

1998年長野冬季オリンピックが開催されました。感動と躍動、そして恒久の 平和への願いを、オリンピック精神のもと世界に届けました。2004年オリン ピックレガシーの継承と、弛まぬ平和への願いを込めて開催されたまつりこそ 「長野灯明まつり」です。国宝善光寺を五色に彩る「善光寺ライトアップ」、善光 寺表参道に灯された800基の灯篭アート「ゆめ灯り絵展」、毎年趣向を凝らし て開催される各種イベントが、訪れる50万人の人々を魅了します。 我々日本人は戦後、アジアの先進国の代表として常に経済をリードし、豊かな生 活と思想、優れた教育を享受して参りました。しかし、広い地球のどこかでは未 だ人と人が争い、誰かの心が傷つけられています。 第十六回長野灯明まつりでは「共鳴する平和への祈り」をテーマに、性別、人 種、国籍を超え、人と人の想いがつながり響きあい、共に灯す平和への祈りを世 界に向けて発信します。

実施する事業
・仁王門再建·仁王像造立100年長野灯明まつりスカイランタン・平和の灯り
開催日時:2/10(日) 集合場所:善光寺大本願 明照殿 開催場所:仁王門前 
受付 17:00~19:30  スカイランタン制作 17:30~18:30  打ち上げ開始 19:00~ 
参加費:1セット2,000円 ※受付時現金にて 事前申し込み公式サイトから 販売個数:限定100基
スカイランタン打ち上げイベント及び製作体験は、参加者1人につき、1基の製作となります。製作、打ち上げスペースの関係で、複数人で1基の申込は下記の場合を除き、ご遠慮をお願い申し上げます。
※小さなお子様がいらっしゃる方、16歳未満の保護者の付き添いは可能です。
タイや台湾を中心に元宵節にスカイランタンを放ち、無病息災を祈る民族習慣として定着している熱気球の一種です。長野灯明まつりでは、善光寺大本願にて祈祷したスカイランタンに平和の祈りや願いを書き入れて夜空に打ち上げ祈るとともに、仁王門再建100年・仁王像造立100年をスカイランタンの平和の灯りで祝います。

・ オープニング特別ライトアップ
日本との友好150周年を迎えるオーストリア、ハンガリー両国より大使をお招きし、平和の祈りを込めた善光寺のライトアップ点灯式にご参加いただきます。 また、善光寺山門では、石井リーサ明理氏によるレーザー演出で、長野灯明まつりのオープニングを華やかに彩ります。
日時:2月6日(水)18:00~21:00 場所:善光寺山門

・ 「ゆめ常夜灯」
灯明まつりの伝統に則り、善光寺の本堂をはじめとした主要な建物をカラーでライトアップ。本堂と山門はそれぞれ30分に1回、5色の色変化をする演出を行います。9年ぶりに修復を終え、一般公開された国の重要文化財である経蔵をライトアップ。主要な照明機材をLEDとし、省エネルギー化を実現。排気ガスを排出する燃料式発電機の使用を廃止し、クリーンで静かな空間を創出。企画・照明デザイン 石井幹子/石井リーサ明理

・ 「ゆめ灯り絵展」
「ゆめ灯り絵展」は「灯り絵常夜灯」と呼ばれる灯ろうに、応募者がデザインした切り絵を貼って浮かび上がる絵柄と灯りを楽しむイベントです。長野灯明まつり開催中、柳沢京子氏をはじめとする審査員の方々や、一般投票によるコンテストを実施。 善光寺表参道の石畳に展示され、情緒あふれる景色を彩ります。
テーマ 一般部門:「未来」「平和」「感謝」 キッズ部門:「将来の夢」「スポーツ」
<作品展示> 善光寺表参道大門石畳通り 2月6日(水)から2月11日(月)まで

他に宿坊・ゆめ茶会(毎日)、ゆめ演奏会(2/6)、平和のコンサート(2/9)、プロジェクションマッピング(2/10)、謎解きゲーム「妖怪探偵と封印の扉」、灯明バルなど


昨日お伝えした、光太郎の父・高村光雲らによって制作された仁王像の調査は、この「灯明まつり」に向けてのすす払いの意味もあったようで、この時期だったのでしょう。

SBS信越放送さんで昨日放送されたローカルニュースから。

善光寺仁王像が完成から100年・文化財指定に向けた動き始まる

 長野市の善光寺の仁王像が完成から100年の節目を迎え、仁王像や仁王門の文化財指定を目指す動きが始まりました。
 仁王門ではきょう、中に納められている仁王像の「おすす払い」が行われました。高さおよそ4.5メートルの仁王像は彫刻家の高村光雲や松本出身の太田南海などが手がけたもので、1919年・大正8年の完成から今年で100年となります。
 きょうは専門の業者が毛先が柔らかい刷毛などを使って長い年月の間にたまったほこりや汚れを落とし、善光寺事務局の小林順彦寺務総長は「100年間ここに来られている方を見届てきた仁王様なので、体を軽くしていただきたい」と話していました。
 また仁王像が安置されている仁王門も、去年再建から100年を迎えました。善光寺では今年1年間を仁王門と仁王像の「記念イヤー」と位置づけ、将来的に文化財指定を目指す取り組みに乗り出しました。
 去年9月には門に貼られていた「千社札」と呼ばれる参拝者の札をはがす作業を初めて行い、高所作業車も使いながらおよそ2週間かけて1200枚ほどをはがしました。
 さらに仁王像の作品的価値の再評価に向けて、東京芸術大学大学院などでつくる調査チームがきのうまでの4日間現地調査を行いました。
 善光寺ではこうした取り組みを通して文化財の登録を目指していくとしていて、小林寺務総長は「これだけ注目する機会はまた100年後になると思うので、このチャンスを生かして仁王門と仁王様を文化財指定にもっていってくれればありがたい」と話していました。
 善光寺では今年9月に100周年の記念法要などを行う予定です。

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

ちなみに、光雲の曾孫であらせられる髙村朋美さんのブログに現地レポートが掲載されています。

ぜひ足をお運び下さい。


【折々のことば・光太郎】

飛行機と無線電信とは地球の表面距離を小さくした。しかし人は地球のうすい表皮の中でのみ活動する。人はまだ此厖大な球体に深達する事を許されない。上空無限の未知の気層が私の意識を喪失せしめる。

散文「三陸廻り 三 金華山」より 昭和6年(1931) 光太郎49歳

ガガーリンによる人類初の有人宇宙飛行が行われるまであと30年。さすがの光太郎も地球が青いことを想像できなかったでしょう。

善光寺さんの仁王門前から打ち上げられるスカイランタン、そこに込められる平和への祈りが、地球全体を覆うことを願ってやみません。

昨日の『信濃毎日新聞』さんの記事から。 

善光寺仁王像 初の本格調査 東京芸大大学院などのチーム

013 善光寺(長野市)の仁王門に納められている仁王など4体について、東京芸大大学院の文化財保存学・保存修復彫刻研究室などの調査チームが現地調査を始めた。同寺によると、制作から今年100年となる仁王像の本格的な調査は初めてで、将来的に文化財指定を目指す第一歩。彫刻家高村光雲(1852~1934年)らが手掛けた4体は作品的価値が高いとされ、再評価する上で必要な基礎資料を7月ごろまでにまとめる。
  仁王門南側の左右に並ぶ仁王像は、向かって左側が口を開いた阿形(あぎょう)、右側が口を閉じた吽形(うんぎょう)でともに高さ約4・5メートル。制作は、光雲と弟子の米原雲海(1869~1925年)を中心に、松本市中町出身の彫刻家太田南海(1888~1959年)らも関わり、1919(大正8)年に完成。北側には、同時期に光雲らが手掛けた三宝荒神(さんぽうこうじん)像、三面大黒天像も安置されている。いずれもこれまで文化財指定はされていなかった。
  調査は30日までの4日間、同研究室の研究者や大学院生を中心に、光雲のひ孫の写真家高村達(とおる)さん(51)=東京=を含め11人が参加。像の周囲に足場を組み、像をコンピューター上で立体的に再現するための写真撮影や、内部構造を把握するためにエックス線撮影などをしている。
  仁王門は昨年再建から100年を迎え、さらに仁王像などの開眼法要が19年9月に営まれてからも100年となることから、善光寺は今秋までの1年間を仁王門と仁王像の「記念イヤー」と位置付けている。昨年9月には、仁王門に貼られていた参拝者の名前などが記された「千社札(せんじゃふだ)」を建物を守るために剥がすなど、再評価に向けた取り組みを進めており、今回の調査もその一環。
  調査チームに加わる田中修二・大分大教授(50)=近代日本彫刻史=は4体の像について「構造や制作過程を踏まえ、美術史や作家のキャリアの中でどう位置付けられるか考えたい」と意気込んでいる。


光雲作の木彫、代表作の「老猿」(明治26年=1893)は、かなり早く平成11年(1999)に重要文化財に指定されましたが、それ以外にはそういった指定は受けていないようです。皇室に納められているさまざまな作品なども同様です。100年を経ている作品については、そういった指定ももっと視野に入れていただきたいものですね。まずは地方自治体さんの指定文化財といったあたりから、という気がします。

ただ、光雲の作品は、決して少なくはない上に、善光寺さんのものもそうですが、光雲単独ではなく弟子の手が入っている場合が多く、なかなか難しいのかもしれません。今回の調査が、そういった方面の基準作りにおいて役立っていくことを願います。

明日も善光寺さん系のネタで。


【折々のことば・光太郎】

私は既成宗教のどの信者でもないが医し難い底ぬけの自然讃美者だ。自然の微塵にも心は躍る。万物の美は私を救ふ。強力なニヒルの深淵から私を引き上げたのは却て単純な自然への眼であつた。

散文「三陸廻り 二 牡鹿(をじか)半島に沿ひて」より
 昭和6年(1931) 光太郎49歳

そういうわけで、光太郎は仏像らしい仏像は作りませんでした。東京美術学校時代におそらく手本を与えられての習作として作った、羅漢像のレリーフが残っているくらいです。ただ、ブロンズの代表作「手」(大正7年=1918)や、生涯最後の大作「十和田湖畔の裸婦群像(通称・乙女の像)」などは、観音像の施無畏印をモチーフとしてはいますが。

代わって光太郎を貫いたのは、文中にもある「自然讃美」の精神でした。動植物の木彫だけでなく、おそらく塑像での肖像彫刻などにも、その精神が生かされているように思われます。

一昨日、昨日と光太郎の父・高村光雲が主任として制作に当たった上野の西郷隆盛像について書きましたが、西郷像と同様に、光雲の手になる大作、信州善光寺さんの仁王像に関して、イベント情報です。 

善光寺寺子屋文化講座第2幕『冬至に仁王さんのお顔を見てみよう』

期   日 : 2018年12月22日(土)
会   場 : 信州善光寺 長野県長野市大字長野元善町491
時   間 : 朝 午前6時50分受付   夕 午後3時受付
料   金 : 無料

善光寺の仁王像の配置は、一般的な配置と逆になっています。なぜなのでしょうか?
太陽が一番低くなる冬至の日に、物事の始まりを表す阿形像に朝日が、終わりを意味する吽形像に夕日が当たるように仁王像を配置したといわれております。この現象を見るため、『冬至に仁王さんのお顔を見てみよう』を行います。
※天候次第で、やむを得ず中止の場合がございます。

講師: 相原文哉先生(第24回善光寺寺子屋文化講座・講師)
定員: 朝・夕 各30名
 
お申込み方法
12月1日(土)より、電話にて下記までお申込み願います。先着各30名様まで。
善光寺事務局(026-234-3591)


大正8年(1919)に開眼供養が行われた、善光寺さんの仁王像。光雲とその高弟・米原雲海の作です。100周年の記念イベントの一環で、同様に、仁王門の裏側に安置されたやはり、光雲・雲海作の「三宝荒神像」と「三面大黒天像」のライトアップも先月から行われています。

善光寺の仁王像の配置は、一般的な配置と逆になっています」とありますが、通常は向かって右が口を開いた「阿形(あぎょう)」、左に口を閉じた「吽形(うんぎょう)」という配置が一般的だそうです。

確かに、光雲作でもそうなっている仁王像が残っています。

イメージ 1

下は善光寺さんの仁王像の約3分の1大の試作ですが、確かに逆になっています。

イメージ 2

光雲・雲海は、奈良東大寺さんの金剛力士像を参照したらしく、そちらは善光寺さん同様に「左・阿、右・吽」です。そこで、古い時代はそうだったのかと思いきや、同じ奈良の法隆寺さんでは、通常とされる「右・阿、左・吽」
となっています。厳格なルールはなかったということなのでしょうか。

冬至の日光云々は後付の解釈のような気がしますが、それでも冬至の頃に朝日が阿形に、夕陽が吽形に当たるというのは、確かに神秘的ですね。

お近くの方、ぜひどうぞ。


【折々のことば・光太郎】

中にも、余の心を顫慄せしめたのは、あの名高いジヨツトの壁画、基督の一代記であつた。小さな物置小屋の様な「マドンナ デ ラレナ」の寺の扉を押して、その薄暗い室へ足を踏み入れた時のセンセエシヨンは、殆と大きな危険に臨んだ時の様なものであつた。

散文「伊太利亜遍歴」より 明治45年(1912) 光太郎30歳

遡ること3年前の、欧米留学末期、スイス経由でイタリアを約1ヶ月間旅した回想の一節です。

場所はパドヴァ。イタリア北部、ベネツィア郊外の町で、コペルニクスやガリレオ・ガリレイ、ダンテなどとのゆかりがあります。「ジヨツトの壁画」は、スクロヴェーニ礼拝堂に残るフレスコ画。ルネサンス期のジョット・ディ・ボンドーネの手になるものです。「マドンナ デ ラレナ」は、スクロヴェーニ礼拝堂の別名「アレーナ礼拝堂」ということでしょう。キリスト教系の施設に「」の訳を当てるケースは当時、一般的でした。

善光寺さんもそうですが、やはり宗教的な施設で古い芸術作品に触れる際、敬虔な気持ちにさせられるものですね。

明治24年(1891)の大火で焼失した信濃善光寺さんの仁王門が再建されたのが、100年前の大正7年(1918)。落慶法要は3月に行われたそうです。ただ、光太郎の父・光雲と、その高弟・米原雲海による阿吽の仁王像、三面大黒天像、三宝荒神像はそれには間に合わず、翌大正8年(1919)に開眼法要が営まれました。

そのあたりの100周年を記念するイベントが開かれています。

SBC信越放送さん発のローカルニュースから。 

善光寺仁王門再建100年を記念・北側の像のライトアップ開始

 長野市の善光寺の仁王門で、再建100年を記念した北側の像のライトアップがはじまりました。
ライトアップされたのは善光寺仁王門の北側に安置されている「三宝荒神像」と「三面大黒天像」です。
 仁王門の像は南を向いた仁王像が有名ですが、仁王像と同じく高村光雲と米原雲海が制作した北側の高さ2メートルほどの木像の存在はあまり知られていませんでした。
 通りかかった女性は「よく通るが、これまでぜんぜん気付かなかった。すごくきれいだと思った」と話していました。
 ライトアップは仁王門の再建100年にあわせて行われ、参拝客などが闇に浮かび上がる木像をカメラで写していました。
 ライトアップは朝6時から夜8時まで毎日行われます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


地方紙『信濃毎日』さん。 

善光寺 再建100年 北側の2像、照明で光を

 長野市の善光寺仁王門で、仁王像の北側に安置されている三宝荒神(さんぽうこうじん)像、三面大黒天像を照らし出す照明設備が設けられ、5日夜に初点灯された。仁王門が今年、再建100年の節目を迎えたのに合わせた。門の北側にあり、南側の仁王像に比べて目立たない両像をアピールする目的で、6日以降は午前6時~午後8時に照らす。
  同寺事務局によると、両像は木造で彩色され、高さは3メートル弱。三宝荒神は火よけの神として祭られ、三面大黒天は、参拝者が豊かで心安らかにいられるよう願いが込められている。1919(大正8)年、仁王像2体と併せ、彫刻家高村光雲(1852~1934年)と弟子の米原雲海(1869~1925年)が制作した。
  門の北側にあるため日中も日が当たらず、のぞき込まないとよく見えない状態だった。同寺は来秋までの1年間を、仁王門再建100年・仁王像造立100年の「記念イヤー」と位置付けており、照明整備はその取り組みの一環。像の名称や由来も近く掲示する。
  この日は現地で点灯式があり、読経した小林順彦(じゅんげん)・寺務総長(53)は「記念の年に改めて像の価値を見つめ直したい。参拝の際には手を合わせてほしい」と願っていた。

イメージ 6


こちらが北側二像の古絵葉書。

イメージ 7

たしかに、参道正面の仁王像に比べれば、目立たない存在ではありますが、いずれも優品です。その試作(ひな形)も善光寺さんに納められていますが、平成27年(2015)には、東京芸術大学保存修復彫刻研究室さんにおいて補修も行われました。本堂西側の日本忠霊殿1階・善光寺史料館さんで観ることができます。

『信毎』さんの記事によれば「来秋までの1年間を、仁王門再建100年・仁王像造立100年の「記念イヤー」と位置付けており」とのことですので、今後もいろいろありそうですので、注意しておこうと思います。


【折々のことば・光太郎】

わたくしは世に已み難いものにのみ心を動かす。

散文「黄瀛詩集「瑞枝」序」より 昭和9年(1934) 光太郎52歳

「已み難い」は、光太郎の口癖でもあったそうです。

昨日は、光太郎の親友・碌山荻原守衛の個人美術館・碌山美術館さんの開館60周年記念行事にお招きいただき、信州安曇野に行っておりました。

記念行事は、近くの穂高神社さんで開催されましたが、その前に同館に参りまして、展示を拝見。「開館60周年記念 秋季企画展 荻原守衛の人と芸術Ⅲ 彫刻から造形思考へ-荻原守衛とその系譜-」というタイトルでの展示となっています。

001


光太郎彫刻作品も7点、並んでいました。

そちらを拝見後、穂高神社さんへ。

イメージ 4

イメージ 5

参拝後、境内の一角にある参集殿という施設に。こちらで記念行事が開催されました。

イメージ 6

まずは建築家の藤森照信氏による記念講演「碌山美術館の建築と建築家について」。非常に興味深い内容でした。

イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9

当方、寡聞にして存じませんでしたが、碌山美術館さんの本館(碌山館)は、スペイン・バルセロナのサグラダファミリアで有名なガウディを日本に紹介した、今井兼次という建築家の設計だそうで、様式的にはロマネスク様式建築の範疇に入るとのこと。

ギリシャ建築を範とする重厚で権威的な石造りの古典主義建築に対し、教会などに多用されたバロック様式、さらにそれより古い様式がロマネスク建築。11~12世紀頃にやはり教会などを造る際に流行った様式で、手作り感溢れる素朴なスタイルです。当時の農民が、畑から出てきた石などを持ち寄り、手作業で積んだとのこと。

碌山館は石ではなく焼過煉瓦ですが、中世ヨーロッパと同様に、隣接する穂高中学校の生徒などが煉瓦を積む作業を手伝ったりしたそうで、教会風の外観といい、まさにロマネスクの精神を顕現した建物と言えるそうです。

講演の後は、同じ会場で記念祝賀会。

イメージ 10

同館代表理事にして、元館長の所賛太氏のごあいさつ、現荻原家ご当主の荻原義重氏をはじめ、来賓の方々の祝辞。

イメージ 11 イメージ 12

アトラクションとして、松本ご在住の桂聰子さんによるフルート演奏。

イメージ 13

その後、乾杯、そして祝宴。美味しい料理を頂きました。

最後は、万歳三唱。

イメージ 14


今でこそ、個人美術館は当たり前のように全国に存在しますが、同館の開館当時はその嚆矢といえるものだったわけで、しかも、以来60年間、安曇野地域の文化推進に果たしてきた役割も非常に大きかったことと思われます。

同館建設に骨折った、彫刻家の笹村草家人、石井鶴三らは、晩年の光太郎に何かと相談を持ちかけ、光太郎も同館開館を心待ちにしていましたが、その日を待つことなく他界。生前の光太郎が同館を訪れることができたら、さぞや喜んだだろう、などと思いました。

祝賀会参加の引き出物的に、またまた書籍を頂いてしまいました。『荻原守衛日記・論説集』。題名の通り、現存する守衛の日記と、雑誌等に発表した美術評論などの集成です。

イメージ 15 イメージ 16

A4版ハードカバー、571頁という厚冊で、ほぼオールカラー。日記の部分は、日記そのものの画像が全頁掲載され、もちろん活字にもなっており、さらに詳細な注釈も。舌を巻くようなものすごい資料です。

ただ、守衛帰国後の日記は相馬黒光によって守衛没後に焼かれてしまって現存しませんし、留学中の日記もすべてが残っているわけではなく、残念ながら日記の部分には光太郎は登場しません。しかし、索引を見た限りでは「論説」の部分に、光太郎、そして光雲の名が頻出しているようで、この後、熟読いたします。


今後とも、同館が末永く愛され続けることを願ってやみません。紅葉も美しい季節、皆様も是非足をお運び下さい。


【折々のことば・光太郎】

ブラボオ! と叫びたい事がある。最近、長沼重隆訳ホヰツトマンの「草の葉」の出来た事だ。
散文「ホヰツトマンの「草の葉」が出た」より
 昭和4年(1929) 光太郎47歳

ホヰツトマン」は、光太郎が私淑した19世紀アメリカの詩人、ウォルト・ホイットマン。光太郎はホイットマンの日記を翻訳し、『白樺』などに寄稿した他、『自選日記』(大正10年=1921)として刊行もしました。

草の葉」は1855年に刊行されたホイットマンの代表作で、それまでに富田砕花、有島武郎らによって断片的に翻訳されていましたが、あくまで断片的なものでしかありませんでした。それが、英文学者・長沼重隆により、ほぼ完全な訳が行われたことを、光太郎は「ブラボオ!」と言っているわけです。これを機に長沼と光太郎は交流を持つことになったようです。

ちなみに当方、上記『荻原守衛日記・論説集』の刊行に「ブラボオ!」と叫びたくなりました。病のため任期半ばで退任なさった前碌山美術館長・五十嵐久雄氏のご功績大なりと承り、昨日、車椅子ながら祝賀会にご参加の五十嵐氏に久々にお目に掛かることもでき、望外の喜びでした。

全日本合唱連盟さん主催の平成30年度(第71回)全日本合唱コンクール。今月末に中学校・高等学校部門(会場・長野県県民文化会館)、来月末には大学職場一般部門(同・札幌コンサートホールkitara)が開催されます。

このうち、中学校・高等学校部門の全出場校と001演奏曲目が発表されました。楽譜販売を手がけるパナムジカさんのサイトです。

それによりますと、高校Bグループ(33人以上の大編成)に出場する九州地区代表・鹿児島高等学校音楽部さんが、光太郎作詞、西村朗氏作曲の「混声合唱とピアノのための組曲「レモン哀歌」」から、「レモン哀歌」を自由曲として演奏なさいます。他の学校さんでも光太郎作詞の曲を取り上げて下さっているかと期待しておりましたが、残念ながら鹿児島高校さんだけでした。

鹿児島高校さんに関しては、コンクールの主催者である『朝日新聞』さんで記事になっています。

まず、鹿児島版、先月8日の記事から。 

鹿児島)鹿児島・松陽が全国へ 九州合唱コン高校の部

 宮崎市で7日にあった九州合唱コンクールの高校の部に県内からは3団体が出場。鹿児島、松陽が金賞に輝き、いずれも全国大会への出場権を得た。鹿児島女子は銀賞だった。 高村光太郎が作詩した「レモン哀歌」を自由曲に選んだ鹿児島は、大所帯ながら一体感のある歌声をホール内に響かせた。部長の高岡未侑さん(3年)は「今まで練習してきたことを出せて楽しかった。やりきりました」とほほえみながら話した。(以下略)

イメージ 1


さらに今月12日には、コンクール全体を特集する全国版の記事でも紹介されました。 

歌う喜びのせて 第71回全日本合唱コンクール全国大会

 第71回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)は、中学校・高校部門が27、28日に長野市のホクト文化ホールであり、その様子が全国31カ所で同時中継されます。また大学職場一般部門は11月24、25日に札幌市の札幌コンサートホールKitaraで開かれます。今回、全国の切符をつかんだ約120団体の中から、4団体の意気込みを紹介します。

■高校B 鹿児島高 互いに信頼「一唱懸鳴」
 合言葉は「天歌統一」「一唱懸鳴」。一人一人の声を一つに合わせて響かせ、頂点を目指す。全国大会出場は実に23年ぶり。顧問の片倉淳教諭(54)は、その原動力について「生徒たちの自主性と信頼関係の深さ」と話す。
 練習スケジュールなどは3年生が中心になり計画。自ら決めた日程やルールを守ることで、自主的に取り組む姿勢と責任感が育まれた。また、音程の悪さなど気づいた点を部員同士が自由に指摘し合う。互いへの信頼に支えられている。
 自由曲は、詩人で彫刻家の高村光太郎の詩に曲がついた「レモン哀歌」。光太郎の智恵子への思いを新鮮なレモンのようにみずみずしく描く。部長の高岡未侑さん(3年)は、「歌いたいのはふたりの悲哀ではなく生の喜び。智恵子を失った悲しみの深さを、確かに生きた喜びで表現したい」と話す。(町田正聡)
 
イメージ 2


西村朗氏作曲「混声合唱とピアノのための組曲「レモン哀歌」」は、平成20年(2008)、大阪のいずみホールで開催された関西合唱団創立60周年記念・第73回定期演奏会で委嘱初演され、翌年には全音楽譜出版社さんから刊行されました。

「千鳥と遊ぶ智恵子」「山麓の二人」「レモン哀歌」の全3曲で、鹿児島高校さんが演奏する終曲「レモン哀歌」は7分にもなる大作です。楽譜冒頭に西村氏による「新鮮なレモンのようにみずみずしく、すっぱく清らかにそして哀切に、ノスタルジックに」という指示が書き込まれています。鹿児島高校さんには、その指示が実現できる演奏を期待します。

イメージ 4

大会日程等は以下の通り。 

2018年度 第71回全日本合唱コンクール全国大会 中学校・高等学校部門

期 日 : 2018年10月27日(土)・28日(日)
会 場 : ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)大ホール 長野市若里1丁目1-3
時 間 : 27日(土) 9:45開演(予定)  ◇高等学校部門 A・Bグループ
      28日(日) 9:45開演(予定)  ◇中学校部門 混声合唱の部・同声合唱の部
料 金 : 一般者用入場券 1日 3,600円


さらに今年から、全国各地のイオンシネマさんで、パブリックビューイングが行われるとのこと。会場は北海道、岩手、宮城、福島、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、長野、愛知、三重、石川、京都、大阪、兵庫、岡山、山口、徳島、香川、愛媛、福岡、熊本の23都道府県の計31カ所。中学校・高校部門とも演奏順に五つの時間帯に分け、各映画館の地元校が出場する時間帯を中心に上映するそうです。

ちなみに、曲目は光太郎智恵子に関わりありませんが、智恵子の故郷・福島二本松の市立二本松第一中学校合唱部さんが、中学校部門 同声合唱の部に出場なさいます。
イメージ 5

イメージ 6 イメージ 7

このコンクールで、光太郎詩に曲を付けた合唱曲が演奏されるのは、平成27年(2015)以来です。今年に関しては、大学職場一般部門の演奏曲がまだ発表されていませんが、どこかの合唱団さんで取り上げて下さっていることを祈ります。また、来年以降も、ですね。


【折々のことば・光太郎】

埴輪はどれを見ても一律であるが、どれを見ても新鮮で深みのあるものである。単純だから深みがあるのである。武者さんの人間的な美も丁度これに似て、一律さが覗かせる新鮮と深淵の美しさなのである。

談話筆記「埴輪の美と武者小路氏」より 昭和30年(1955) 光太郎73歳

遠く明治末、共に雑誌『白樺』に依り、その後も断続的に彼の主宰する雑誌に寄稿を続けた武者小路実篤への讃辞です。日本古来の美を表象する埴輪との類似点を見いだしています。

信州安曇野の碌山美術館さん。光太郎の親友・碌山荻原守衛の個人美術館として、昭和33年(1958)に開館し、今年、60周年を迎えました。

そこで、記念行事のご案内をいただいております。

まずは記念講演会。 

碌山美術館の建築と建築家について

期 日 : 2018年10月20日(土)
場 所 : 穂高神社参集殿 長野県安曇野市穂高6079
時 間 : 13:30~15:00
料 金 : 無料
講 師 : 藤森照信(建築史家・建築家)

イメージ 3

その後、同じ会場で60周年記念祝賀会に突入します。こちらは参加費5,000円だそうで。

同館の開館には、最晩年の光太郎も多大な関心を寄せ、協力を惜しみませんでした。残念ながら開館前に光太郎の生命の火は燃え尽きてしまいましたが、その功績を讃え、本館である煉瓦造りの碌山館入口のプレートには、光太郎の名も刻まれています。

イメージ 4 イメージ 5

また、同館に隣接する穂高東中学校さんに立つ守衛のブロンズ彫刻「坑夫」の題字は光太郎が揮毫し、光太郎が亡くなる前年(昭和30年=1955)に除幕されました。

イメージ 6 イメージ 7

イメージ 8


その縁の深い同館の60周年記念式典ですので、行かざあなるめいというわけで、参上します。光太郎の代参のつもりで行って参ります。

ちなみに現在開催中の企画展は、こちら。 

開館60周年記念 秋季企画展 荻原守衛の人と芸術Ⅲ 彫刻から造形思考へ-荻原守衛とその系譜-

期 日 : 2018年9月22日(土)~11月4日(日) 会期中無休
場 所 : 碌山美術館 長野県安曇野市穂高5095-1
時 間 : AM9:00~PM5:10 (11月はAM9:00~PM4:10)
料 金 : 大人 700(600)円  高校生 300(250)円  小中学生 150(100)円
       ( )内は、20人以上の団体料金

イメージ 1
イメージ 2

このたび碌山美術館では開館60周年記念企画、「荻原守衛の人と芸術Ⅲ 彫刻から造形思考へ-荻原守衛とその系譜-」を開催致します。春季、夏季に続く本展は、荻原守衛(碌山)の系譜に連なる彫刻家と造形の展開を紹介するものです。
荻原はパリを立つ際に、師と仰いだロダンから「自然を師とせよ」という言葉を受け取ります。自然への観照、「真実」の追求によって荻原は生命感あふれる作品を示し、若い芸術家たちの心を捉えました。戸張孤雁は、荻原亡きあとの粘土を貰い受け彫刻家となり、当時画家を志していた中原悌二郎も、彫刻家へと歩みを進めます。戸張と中原が活躍する日本美術院彫刻部には荻原の「生命の芸術」が伝わり、石井鶴三や喜多武四郎など俊英の輩出を導きます。荻原の系譜は、「生命の芸術」を変容しながら、明治末から大正、昭和、そして日本美術院最後の同人となる基俊太郎の平成へと繋がります。
本展では明治大正期を第一展示棟に、昭和以降を第二展示棟に配置することで、時代とともに移り変わる造形の展開をご覧いただけます。
明治大正期の彫刻には、モデルから抽出した生命感が彫刻に表れています。これは、自然(真実)の獲得に全霊を尽くし、生命の写実に挑んだ成果とみてとれます。昭和以降の彫刻には、石井鶴三の「立体感動」や基俊太郎の空間への意識のように、造形そのものに思考が表れ、新たな造形の展開が示されます。
荻原守衛の登場によって目覚めた日本の近代彫刻は、自然への観照、造形への意識化をそれぞれの個性のなかに育みながら展開してきました。本展を通じて、荻原守衛の系譜における造形の展開をご覧いただければ幸いです。

夏期企画展が、「美に生きる―萩原守衛の親友たち―」で、光太郎と柳敬助、戸張孤雁に斎藤与里が大きく取り上げられましたが、今回も光太郎に関わると思われます。ただ、メインは次の世代の彫刻家たちのようです。

ぜひ足をお運びください。


【折々のことば・光太郎】

その詩人が死んだら、もう二度とその類の詩をきき得ないといふ稀有な詩人が、こんどのどさくさの中の多くの死にまじつて死んだのである。

散文「逸見猶吉の死」より 昭和22年(1947) 光太郎65歳

逸見猶吉は、明治40年(1907)生まれ。草野心平の『歴程』に依り、光太郎とも交流がありました。戦時中は関東軍報道隊員として満州に派遣され、終戦後の昭和21年(1946)、帰国できずに現地で病死しています。

高祖保を紹介する中でも書きましたが、こうした報に接するたび、戦争推進に加担した自らへの慙愧の思いが、光太郎を捉えたことでしょう。

6月に福島県南相馬市をメイン会場に行われた「第69回全国植樹祭」。その福島県実行委員会事務局さんで発行している『第69回全国植樹祭だより キビタンの森林(もり)』の最終号が発行されました。

イメージ 1
イメージ 2イメージ 3

イメージ 4イメージ 5

光太郎智恵子をモチーフとしたメインアトラクション「あどけない話のその向こう」の紹介。

イメージ 6

当方も行きました、サテライト会場(福島県大玉村)などの紹介も。

平成最後の植樹祭、関係者の皆さんには、格別な思い出として残ることでしょう。


もう1件、長野県の松本・安曇野・塩尻・木曽地域で発行されている『市民タイムス』さん、今日の一面コラム。 

2018.8.18 みすず野

 徳本峠を越えた。島々の林道入口に獣害よけの柵があったのを除けば、営業していた頃から時が止まったかのような岩魚留小屋のたたずまいも、力水から取り付く最後のささやぶのつづら折りも十数年前と少しも変わっていない◆峠まで16キロ。登りのつらさをウォルター・ウェストンは「奮闘の末に」勝ち得た快い昼寝と書き記し、芥川龍之介は小品「槍ヶ嶽紀行」で、案内人との距離が隔たり「とうとう私はたつた一人、山路を喘いで行く旅人になつた」と語る◆大正2(1913)年9月、上高地に滞在していた高村光太郎は徳本峠を越え、後に結婚する智恵子を岩魚留まで迎えに行った。その翌年に訪れた英文学者で登山家の田部重治は峠道から見る穂高連峰の姿を、山への観念を打破するほど「気高い」と随筆に書いて、読者をいざなった◆沢を渡り返す木橋の中には近年架け替えられたものもあった。古道を守ろうと汗する人たちがいる。岳沢から急な登山道をたどって前穂高岳のてっぺんに立った69歳の女性が、小紙の投稿欄に感激をつづっていた。当方は涸沢から奥穂、つり尾根を経て、その重太郎新道を岳沢へ下った。


光太郎智恵子にふれていただき、ありがたいかぎりです。


【折々のことば・光太郎】

ともかく私は今いはゆる刀刃上をゆく者の境地にゐて自分だけの詩を体当り的に書いてゐますが、その方式については全く暗中摸索といふ外ありません。いつになつたらはつきりした所謂詩学が持てるか、そしてそれを原則的の意味で人に語り得るか、正直のところ分りません。
散文「詩について語らず――編集子への手紙――」より
 
昭和25年(1950) 光太郎68歳

もはや晩年にさしかかった光太郎にして、この言です。「百尺竿頭に一歩を進む」の感があります。

7/29(日)、安曇野市の碌山美術館さんにて、夏期企画展「美に生きる―萩原守衛の親友たち―」を拝見した後、愛車を次なる目的地、諏訪方面に走らせました。目指すはサンリツ服部美術館さん。安曇野ICから乗った長野道を岡谷ICで下り、走ること十数分。諏訪湖の湖畔にありました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

諏訪で服部と言えば、やはりそうなのかな、と思っていましたら、やはりそうでした。服部セイコー創業者・服部金太郎の孫にして、元セイコーエプソン社長の故・服部一郎氏のコレクションと、株式会社サンリツさんが集めた美術品を展示する私設美術館です。

こちらでは、7月15日(日)から、企画展「明治維新150年記念 幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし」が開催中。光太郎の父・高村光雲作の木彫「鍾馗像」が出ているというので、拝見に伺った次第です。

イメージ 4 イメージ 5

展示室は二つあり、奥の方の広い展示室がその会場でした。

光雲の「鍾馗像」は目玉の一つと位置づけて下さっているようで、壁際のショーウィンドウ的なケースではなく、会場ほぼ中央のガラスケースに展示され、おかげでぐるっと360°から見ることができました。銘を見れば、光雲個人の作なのか、弟子の手が入っているのか、ほぼわかるのですが、残念ながら、銘は確認できませんでした。おそらくひょいと持ち上げると、底に刻まれているのではないかと思われます。ただ、若干、粗い彫りなのかな、という気もしました。しかし、秀逸だなと思ったのは、ポージング。以前に見た他の「鍾馗像」は、どれも直立不動の仁王立ち(鍾馗様が仁王立ちというのもおかしな話ですが(笑))でしたが、こちらは左足を岩に乗せていて、その分、躍動感が感じられます。像高は50㌢ほどだったでしょうか。

イメージ 6 イメージ 7

他に、平櫛田中、富本憲吉、柴田是真ら、光雲・光太郎親子と関わりの深かった作家の作も展示されており、興味深く拝見しました。光太郎の朋友・岸田劉生の絵は、8月21日(火)からの後期での展示だそうで、そちらは見られなかったのが残念でしたが。

イメージ 8

イメージ 9

光雲の「鍾馗像」は、前後期通じての展示だそうです。

もう一つの展示室では、同時開催として「憧憬の西洋」。ブラマンクやキスリングなどの西欧画家と、東京美術学校西洋画科での光太郎の同級生・藤田嗣治などの日本人画家が描いた西洋の風景画の展示でした。藤田の絵(大正6年=1917)は、光太郎も見たであろうモンマルトルの風景。「光太郎に見せたかったな」と思いました。

長野県は、美術館の数では日本一の県だそうです。今回も、道すがら、多くの美術館さんがありました。ただし、維持していくのは大変なようで、やはり光太郎と交流のあった村山槐多の作品などを展示していた上田市の信濃デッサン館さんは事実上閉館、それから、、光太郎とは関わりませんが、小布施の池田満寿夫美術館さんなども閉館してしまいました。

いろいろ難しい問題もあるとは思いますが、どこの美術館さんも盛況であるような、そういう世の中であってほしいものです。


【折々のことば・光太郎】

衣を剥げば日常語即詩語である。詩は言葉の裸身である。

散文「詩について」より 昭和6年(1931) 光太郎49歳

いわゆる美辞麗句を避け、口語自由詩の確立に功績のあった光太郎ならではの言ですね。

一昨日から昨日にかけ、信州に行き、安曇野の碌山美術館さん、諏訪のサンリツ服部美術館さんと、2箇所廻っておりました。

一昨日の土曜、夕食を採ったあと仮眠し、深夜(日付が変わる前に)、台風12号をやり過ごしてから千葉の自宅兼事務所を出発。しかし、中央道八王子あたりで台風のシッポに追いついてしまいました。その後は雨の中を進み、塩尻の健康センターで入浴、仮眠、起きてまた入浴。昨日朝一番で、碌山美術館さんに向かいました。朝には台風も行ってしまっていて、雲は多めでしたが時折雨がぱらつく程度でした。

イメージ 1

北アルプスの山々。

イメージ 2

碌山美術館さん。

21日(土)から、夏期企画展「美に生きる―萩原守衛の親友たち―」が始まっています。

イメージ 3

お世話になっている濱田学芸員、それから今年度新任の高野館長にご挨拶(ほぼ毎年お邪魔している4月の碌山忌を今年は欠礼しましたので)。その後、展示を拝見しました。

イメージ 4 イメージ 5

左の碌山館は、荻原守衛の彫刻の展示棟で、こちらの展示内容は不変です。手前にはおそらく女郎花(オミナエシ)。いい感じでした。企画展は第一展示棟、第二展示棟を使っていました。もう一棟、杜江館という建物もあり、一昨年の「夏季特別企画展 高村光太郎没後60年・高村智恵子生誕130年記念 高村光太郎 彫刻と詩 展 彫刻のいのちは詩魂にあり」ではそちらも使っていましたが、今回は2棟のみでした。「―萩原守衛の親友たち―」というサブタイトルで、第一展示棟が光太郎と柳敬助、第二展示棟に戸張孤雁と斎藤与里というラインナップでした。

第一展示棟は、もともと彼等の作品を常設展示している棟ですが、普段は収蔵作品のすべてが出ているわけではありません。今回は4人の作家の収蔵作品のおそらく全て、プラス他からの借り受け品も展示されていました。

光太郎彫刻は全てブロンズで、同館所蔵のもの。年代順に浅草の玉乗り芸人の幼い兄妹をモデルにした彫刻の部分的な残存「薄命児男児頭部」(明治38年=1905)、光太郎初の注文による肖像彫刻「園田孝吉像」(大正4年=1915)、事情があってかくまった横浜の少女をモデルとした「裸婦坐像」(大正6年=1917)、光太郎ブロンズの代表作「手」(大正7年=1918)、その力感がすばらしい「腕」(同)、零落した元旗本の花売り老人がモデルの「老人の首」(大正14年=1925)、同型のものが東京芸術大学の庭に立つ「高村光雲一周忌記念胸像」(昭和10年=1935)、そして生涯最後の大作「十和田湖畔の裸婦群像(通称・乙女の像)」の小型詩作(一体のみ・昭和27年=1952)、中型試作(一対・昭和28年=1953)、そして未完の絶作「倉田雲平胸像」(昭和29年=1954)。碌山美術館さんでは、買い足し買い足しで、10点もの光太郎ブロンズを購入して下さっています。花巻高村光太郎記念館さんを除けば、これだけ集まっているのはここだけです。

他の三人の作品も、改めて見るといいもので、特に斎藤与里の絵は、郷里・埼玉県加須市教育委員会からの借り受け品など、非常に華やかでした。

それから、同館で今年の4月に刊行された新刊書籍を頂いてしまいました。題して『彫刻家 荻原守衛―芸術と生涯―』。300ページ近くある大判の厚冊で、守衛の彫刻と絵画のカタログ・レゾンネ的なものプラス、かなり詳細な評伝も付されています。さらに光太郎を初めとする周辺人物の紹介なども。これで定価3,000円は掛け値無しにお買い得です。

イメージ 6

ぜひ足をお運びの上、お買い求め下さい。企画展は9月2日(日)までの会期です。


【折々のことば・光太郎】

真の詩人は、いかなる素材、いかなる思想をも懼れない。詩が生命そのものの如き不可見であり又遍在である事を知るからである。

散文「詩そのもの」より 昭和5年(1930) 光太郎48歳

光太郎が使う「詩人」の語は、単に詩を作る者、というだけでなく、「芸術家」そのものを指すこともあるように思われます。たとえ言葉で詩を作らなくても、守衛のように優れた彫刻を作る者は「詩人」だ、みたいな。あらゆる芸術の根幹には「詩魂」が不可欠であるとの考えがその背後にあります。といって、自らはまだまだ、という謙虚さも持ちあわせているのが光太郎でした。

信州安曇野の碌山美術館さんの企画展情報です。

美に生きる―萩原守衛の親友たち―

期 日 : 2018年7月21日(土)~9月2日(日
会 場 : 碌山美術館 長野県安曇野市穂高5095-1
時 間 : 9時~17時10分
料 金 : 大人700円 高校生300円 小中学生150円
休館日 : 会期中無休

荻原守衛は彫刻家としての資質にも恵まれ、才能あふれる友人にも恵まれました。

彫刻家、詩人として多くの影響を与えた高村光太郎。
彫刻・挿絵・版画などのジャンルを手掛けて繊細な作品を制作した戸張孤雁。
肖像画家として活躍した柳敬助。
日本の洋画界に大きな足跡を残した斎藤与里。

美に生きた四人のそれぞれの芸術をご覧ください。

イメージ 1


イメージ 2



同館では、常設で光太郎作品を複数展示して下さっているのですが、改めて企画展として取り上げるということです。

同じ地域のサンリツ服部美術館さんでは、企画展「明治維新150年記念 幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし」が開催されており、光太郎の父・高村光雲の木彫が出ています。

当方、今週末に併せて行って参ります。皆様も是非どうぞ。


【折々のことば・光太郎】

絵画なら絵具や筆のタツチ、彫刻なら線の波動や表面の触感、詩歌なら言葉の節奏(リズム)や文字の音色(ねいろ)が直接に人に其の表さうとした情調を与へなければならぬ。画かれたもの、刻まれたもの、歌はれたものの当体に重きを置き過ぎると間違つて来る。

散文「詩歌と音楽」より 明治42年(1909) 光太郎27歳

青年期の光太郎、「何を」より「いかに」を重視していたことがわかります。といっても、「何を」の部分も何でも良いと思っていたわけではないのでしょうが。

長野県から企画展情報です

明治維新150年記念 幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし

イメージ 3

期 日 : 2018年7月15日(日)~9月17日(月・祝)
会 場 : サンリツ服部美術館  長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
時 間 : 9時30分~16時30分
料 金 : 大人1,000(900)円 小中学生400(350)円
      
 ( )内は団体20名様以上の料金
休 館 : 祝日を除く月曜日(ただし、8月6日、13日、27日は開館)

 今から150年前、明治という新たな時代が訪れます。新政府主導のもと、政治、産業、教育、文化などあらゆるものが日々発展し、日本は急速な近代化を成し遂げていきました。
 このような激動の時代の中、芸術家たちは伝統的な美意識と新たな時代の表現を模索しながら、多くの名品を世に生み出していきました。また、武家や町衆などによって支えられていた茶の湯では、明治期に入ると政財界の人々が嗜むようになり、近代数寄者たちによる豪華な茶の湯文化が花ひらきます。
 この度、サンリツ服部美術館では明治維新150年を記念し、幕末から昭和にかけて制作された絵画や工芸作品、近代数寄者ゆかりの茶道具などをご紹介いたします。目まぐるしく移り変わる時代の中で、芸術家や数寄者たちが求めた美の世界をお楽しみください。

主な出品作品
 ・冷泉為恭「養老勅使図」 江戸時代19世紀
 ・久保田桃水「山吹鮎図」 江戸―明治時代20世紀(後期出品)
 ・竹内栖鳳「鮮魚」 昭和時代 20世紀(後期出品)
 ・竹内栖鳳「夏木野雀」 昭和時代 20世紀(前期出品)
 ・高村光雲「鍾馗像」 明治時代 19世紀
 ・富本憲吉「白磁壺」 昭和11年(1936)
 ・長次郎「黒楽茶碗 銘 雁取」 桃山時代 16世紀

関連行事
 第2回美術講座
 日時:2018年7月23日(月) 13時30分から(受付開始13時)
 講師:山盛弥生氏(実践女子大学香雪記念資料館客員研究員)
 演題:近代の日本画を知る―新旧と東西
 会場:サンリツ服部美術館 2階喫茶室  定員:60名  参加費:入館料のみ 
 申込方法:電話、受付にて予約(電話0266-57-3311)
 *当日は休館日ですが、参加される方は13時から13時30分、講座終了後から15時30分
 まで展覧会をご覧い
ただけます。講座中は展示はご覧いただけません。


というわけで、光太郎の父002・高村光雲の「鍾馗像」が出品されます。

「鍾馗」は光雲が好んで取り上げた題材の一つで、複数の作品の現存が確認できています。右は平成14年(2002)、茨城県近代美術館他を巡回した「高村光雲とその時代展」図録から。この時だけでも2体の鍾馗像が展示されました。


また後ほど紹介いたしますが、サンリツ服部美術館さんのある諏訪からほど近い安曇野の碌山美術館さんでは、企画展「荻原守衛の人と芸術Ⅱ 【夏期】 美に生きる ―荻原守衛の親友たち―」が開催され、光太郎も取り上げて下さいます。

併せて拝見に行こうと思っております。皆様も是非どうぞ。


【折々のことば・光太郎】

この本を見ると、なるほどギリシア彫刻は、彫刻の本源だなと納得させられる。
散文「富永惣一著「ギリシア彫刻」推薦文」より
昭和28年(1953) 光太郎71歳

ミケランジェロ、ロダン等、光太郎の敬愛した彫刻家たちの系譜を辿っていくと、その行き着く先はギリシャ彫刻。光太郎にとっては、ある意味、自らのルーツというわけです。

実は光雲もそうでした。江戸期の仏師の流れを汲む光雲ですが、守旧にとどまることなく、文明開化で流入してきた西洋の文献等にも目を通し、自らの骨肉としています。

イメージ 2


こちらは、光雲が描いたもの。「写」とありますので、おそらく西洋の解剖学的な分野の文献から書き写したものでしょう。この骸骨や筋肉に肉付けをすれば、そのままあたかもギリシャ彫刻のようです。

『日経』さん、2日の夕刊文化面に西郷隆盛に関する記事が出、光太郎の父・光雲の名も出ていました。 

遠みち近みち 西郷 そのとらえがたい像

 高村光雲の手になる東京・上野公園の西郷隆盛像。右手で綱を引かれる犬の名をご存じだろうか。「ツン」というらしい。
 西郷の犬好きは、よく知られ、猟犬として飼いつつも座敷に上げてかわいがったらしい。魚肉や卵を与えられ、ひどく肥満してしまい、猟に向かなくなったものもいたという。
 歴史学者の家近良樹さんが昨年、ミネルヴァ書房から出した500ページを超える西郷の評伝には、49年の激動の人生を彩った数多くのエピソードが盛られ、多面的な人物像を存分に知ることができる。
 知略に優れ、事に当たっては綿密な計画を立てて行動する。まじめで、ぜいたくを嫌う禁欲さも備え、「この人のためなら」と接した人を揺り動かす包容力もある。
 一方で、人の好き嫌いもかなり激しく、多情な面もあったという。
 自ら采配をふるって旧体制を破壊しながら、結局、新政府の方針にあらがい、慕う者らとともに西南戦争に打って出て、敗れ去ってしまった。波乱そのものの一生だが、歴史家の目は冷徹だ。
 別の著書で家近さんは、こんなことを書いている。
 西郷は極めて「男ぶり」がよく、数々の試練で人間力を磨き、たぐいまれな人望を得た。しかし、逆にその人望ゆえに身を滅ぼすことになった――。
 一方で、西郷のライバルだった徳川慶喜については、こう評価した。リーダーに不可欠な人望がなく、政権返上(大政奉還)を独断で行い、結果として日本を内乱の危機から救った――。
 慶喜にリーダーの資質がなかったゆえ、近代日本は思わぬ幸運に恵まれたのだという。
 明治維新から150年。数々の国難に直面する現在、往時の指導者らの全貌に迫るのは諸改革へ向けた指針ともなるにちがいない。
(編集委員 毛糠秀樹)

『日経』さんらしく、組織論、リーダー論でまとめています。

記事本文はネットの電子版で読めたのですが、地元の図書館さんでコピーを取っておこうと思い、拝見。すると、隣には「文学周遊」という連載。 光太郎も登場する、室生犀星の『我が愛する詩人の伝記』についてで、驚きました。ただ、光太郎の名は出ていなかったので、電子版での検索の網に漏れていました。 

室生犀星「我が愛する詩人の伝記」 長野・軽井沢町 先きに死んで行った人はみな人がらが善すぎる

 室生犀星は、長野県の軽井沢を深く愛した詩人である。初めての軽井沢滞在は、31歳になる夏、奥信濃への旅の帰りだった。旧軽井沢にある旧中山道沿いの「つるや」旅館に宿泊した。以来、亡くなるまで40年余り、夏の軽井沢滞在を欠かしたことがない。
 初の滞在から6年後の1926年(大正15年)からは、別荘を借り、31年には「つるや」旅館からほど近い雑木林の中に、木造平屋の別荘を新築した。44年夏には、東京から疎開し、49年までの5年間、厳寒の冬も過ごしている。
 「犀星は多くの文人を軽井沢に招き、結びつけた軽井沢文学の恩人だった」と軽井沢高原文庫副館長の大藤敏行さんは話す。芥川龍之介を軽井沢に誘い、「つるや」で襖(ふすま)一枚隔てた部屋で同宿したのも犀星だったし、後に軽井沢文学の象徴となる堀辰雄が、23年初めてこの地を訪れたのも、犀星の誘いからだった。
 11人の詩人の肖像を描く評伝「我が愛する詩人の伝記」の中でもとりわけ精彩に富むのが、親友、萩原朔太郎や、堀辰雄、立原道造、津村信夫といった年少の詩人の記述だろう。軽井沢の犀星の別荘での描写は中でも印象深い。
 近隣の追分から午前中にやってきた立原は、犀星が原稿を書いていると、庭にあった木の椅子に腰を下ろして、「大概の日は、眼をつむって憩(やす)んでいた」。立原道造が、夏の日の差す庭の椅子に痩躯(そうく)を任せて眠る姿は、何とも魅力的だ。「夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に」。立原の夢のような詩を愛する読者は、犀星が描く立原の生々しい面影に、ハッとするはずだ。多くの年若い詩人に先立たれた犀星は、本書で愛惜の思いを隠さない。
 犀星の旧居は、純和風の建物をほぼそのまま残して軽井沢町が19年前に室生犀星記念館として公開した。現在、老朽化した建物の補修のため閉館中だが、来年4月末には再オープンする。旧軽井沢の商店街からも近い旧居は、洋館の点在する別荘地の中にあり、犀星が丹精して植えた苔(こけ)が新緑に輝いている。
 北陸新幹線開業で、夏の旧軽井沢はにぎわいを増した。しかし、最晩年の犀星が自ら文学碑を建てた矢ケ崎川の河畔は今も静かだ。清流の自然に包まれた小さな詩碑からはこの避暑地とともに歩んだ詩人の深い愛が見えてくる。
(編集委員 宮川匡司)

むろう・さいせい(1889~1962) 金沢市生まれ。詩人・小説家。高等小学校を中退後、金沢地方裁判所に給仕として就職。20歳で上京。貧困と放浪の生活の中で萩原朔太郎と親交を結ぶ。18年、第1詩集「愛の詩集」を刊行。翌年、自伝的短編小説「幼年時代」「性に眼覚める頃」を発表。20年、長野旅行の際、軽井沢に宿泊。31年に新築した軽井沢の別荘で夏を過ごし、多くの作家、詩人を招いた。代表作に詩集「抒情小曲集」、小説「杏つ子」「かげろふの日記遺文」。
 58年刊の「我が愛する詩人の伝記」は、雑誌「婦人公論」連載後に刊行された評伝で、親交のあった詩人11人の生身の人間像を豊富な逸話で描く。

イメージ 1

親交のあった詩人11人」のうちの一人が光太郎というわけで、このブログでも何度か同書がらみの記事を載せました。


犀星記念館さん、記事にあるとおり、来春リニューアルオープンだそうで、折を見て行ってこようと思いました。皆様も是非どうぞ。


【折々のことば・光太郎】

結局どんな人間の姿態でも美でないものはないといふことを納得させられる。人間は一個の豊麗な美のかたまりであるといふことを。

散文「ロダンの作品 素描」より 昭和28年(1953) 光太郎71歳

かつてパリ郊外ムードンのアトリエで、内妻・ローズに見せてもらったロダンの素描についてです。「人間賛歌」的な部分で、ロダンの血脈を継いだ光太郎ならではの感想です。

紙面にも載ったのかどうか不明なのですが、長野の地方紙『信濃毎日新聞』さんのサイトに、昨日アップされた記事から。長野県上田市でのイベント情報です。

芸術の自由さ触れて 上田で二つの催し企画

 上田市を中心に詩の創作活動な003どに取り組み、同人詩誌「樹氷」を発行する「『樹氷』の会」が、市民が広く芸術に触れる機会にしてもらおうと二つの催しを企画している。20日は同市天神のサントミューゼで、戦没画学生慰霊美術館「無言館」(上田市古安曽)館主の窪島誠一郎さんの講演会を開催。8月5日には集まった参加者と共にマイクロバスで同館を訪れ、絵画を鑑賞する。同会はそれぞれ参加者を募っている。

 同会代表の小林光子さん(75)=緑が丘=が、夭折(ようせつ)の画家・村山槐多(かいた)(1896〜1919年)についてのエッセーを、別の同人詩誌に寄稿。執筆の際に目にした槐多の短歌に感銘を受け、槐多の作品を多く所蔵、展示してきた同市の「信濃デッサン館」(3月閉館)の館主でもある窪島さんに依頼し、催しを企画した。

 20日の講演会は2部構成で、前段は槐多の絵画、短歌などの芸術作品や、詩人・彫刻家の高村光太郎や洋画家・版画家山本鼎(かなえ)との関係について説明する。後段は座談会形式で、槐多や信濃デッサン館の今後について参加者と語り合う場にする。

 8月5日の絵画鑑賞は、無言館に展示されている戦没画学生の作品を見学し、学生たちの生涯について触れながら、平和と芸術について考える機会にしたいという。

 催しはともに市のわがまち魅力アップ応援事業を活用している。小林さんは「信濃デッサン館は上田市だけでなく、長野県の大事な財産」と存続を願う一人。また、槐多を「自分自身の思いや情緒をストレートに表現している」と評し、企画を通じて参加者には「芸術は心の中を自由に表現していいものだと伝えたい」と話している。

 20日は午後1時半〜4時。入場無料。8月5日は午前9時〜午後1時。先着50人まで。参加費は無料だが、無言館への入館料は自己負担。ともに中学生以上が対象。申し込みなどの問い合わせは小林さん(電話0268・24・3176)へ。


今のところ、ネット上にイベント自体の情報が見あたりませんで、上記記事から読み解くしかありませんが、同市の交流文化芸術センター・サントミューゼにおいて、やはり同市塩田地区にある戦没画学生慰霊美術館・無言館さん館長の窪島誠一郎氏によるご講演があるとのこと。無言館さんの姉妹館で、やはり窪島氏が館長の信濃デッサン館さんに作品が多数収蔵されている夭折の天才画家・村山槐多についてがメインで、槐多と交流のあった光太郎にも触れられるようです。

ところで、信濃デッサン館さん、今年3月をもって無期限休館――事実上、閉館――となったそうです。この件は存じませんでしたので、驚いております。今後は無言館さんの運営に集中されるとのことですが、やはり残念です。

お近くの方、ぜひどうぞ。


【折々のことば・光太郎】

女性はますます美しかれ。ますますやさしかれ。ますますうるほひあれ。ますます此世の母性たれ。戦う男子の支柱たれ。男子の心は剛直にして折れ易い。すさび易い。その時、女性の美はこれを救ふ。

散文「扉のことば」より 昭和17年(1942) 光太郎60歳

少女雑誌『新女苑』に発表された文章の一節です。銃後の少女たちに呼び掛けるこの文言、女性を讃美しつつも、一種のモラハラ的な要素を含むでしょう。裏を返せば戦場へ赴く兵士達をしっかり送り出せ、ということにもなりましょうし。

こうして送り出された中には、無言館さんに作品が収められている、戦場で露と消えた画学生達も含まれていたわけです。東京美術学校の学生の中には、大先輩・光太郎のアトリエを訪れ、激励してもらったという、今年亡くなられた深沢竜一氏(光太郎詩「四人の学生」のモデル)のような方もいらっしゃいました。深沢氏は無事復員されましたが、帰って来られなかった学生も多くいたのではないでしょうか。もしかすると、無言館さんに作品が展示されている戦没画学生の中にも、光太郎の元を訪れたという学生もいたかもしれません。

↑このページのトップヘ