カテゴリ:東北以外 > 滋賀県

滋賀県彦根市からイベント情報です。 

彦根市立図書館創設100周年記念事業 プレミアム講演会 「彦根で育った詩人 高祖 保~その生涯と作品~」

日  時 : 2016年8月7日(日)13:00~
場  所 : 彦根市立図書館  滋賀県彦根市尾末町8番1号
講  師 : 外村彰氏 ( 国立呉工業高等専門学校 教授)
料  金 : 無料
定  員 : 50名(申込先着順)  ※申込受付 7/8(火)~
問い合わせ: 彦根市立図書館  TEL.0749-22-0649

高祖保は明治43年に生まれた詩人で、彦根尋常高等中学校(現彦根東高校)で学び、高村光太郎や堀口大学 など著名な詩人と交流し、『椎の木』『雪』『文藝汎論』などに特集を数多く投稿しています。戦時中34歳の若さで永眠されました。
高祖は8歳から旧制彦根中学(現・彦根東高校)を経て大学に進学するまで、母の郷里・彦根で過ごしました。
本講演では、高祖保の文学・人物について語っていただきます。


高祖保(こうそ・たもつ)は岡山県出身の詩人。『希臘十字』(昭和8年=1933)、『雪』(昭和17年=1942)などの詩集がある他、光太郎も寄稿した雑誌『門』を主宰しました。

昭和18年(1943)には、光太郎の年少者向け詩集『をぢさんの詩』の編集を行いました。平成25年(2013)の明治古典会七夕古書入札市で、光太郎から高祖に贈られた識語署名入りの『をぢさんの詩』他がひょっこりと出て来、今年の同会でも出品されています。

イメージ 1

今回の講演会場である彦根市立図書館さんにも、光太郎から高祖に宛てた書簡が1通所蔵されており、5年ほど前に拝見に伺いました。昭和19年(1944)に刊行された高祖生前最後の詩集『夜のひきあけ』に関する内容でした。高祖はこの年、ビルマへと召集され、翌年同地で戦病死しています。

また、高祖の出身地、岡山にも光太郎から高祖宛の書簡が遺っているようですが、そちらを収蔵している施設が今一つよくわかりません。


こういったマイナーな文学者を取り上げての講演会。こういう取り組みこそ大切だと思います。頭が下がります。

お近くの方、ぜひどうぞ。


【折々の歌と句・光太郎】

飛びたつとき吾が手を掻きてゆきし蝉の足の力の忘られなくに
大正13年(1924) 光太郎42歳

光太郎の父・光雲の作品が並ぶ企画展の情報です。 

かざり -信仰と祭りのエネルギー

会 期 : 平成28年3月1日(火)~5月15日(日)
会 場 : MIHO MUSEUM 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
時 間 : 午前10時~午後5時
休館日 : 毎週月曜(3月21日は開館)、3月22日
料 金 : 一般1,100円 高大生800円 小中生300円

煌びやかな仏教荘厳の世界、伎楽や舞楽の色彩と歌舞の世界、信仰の中の動物たち、祭りの賑わいなど、「かざり」をキーワードに日本人の精神世界を読み解いていく展覧会が、MIHO MUSEUMで開催されます。深く仏教に帰依した伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風」(展示3月1日~4月17日)と「樹花鳥獣図屏風」(展示3月1日~13日)との競演や、滋賀県の水口曳山祭、大津祭、長浜曳山祭を彩る曳山懸装品など、神仏への信仰に根ざした「かざり」の世界が幅広く展観されます。

イメージ 1

イメージ 2

毎年9月、神奈川横浜伊勢佐木町の日枝神社例大祭で街を練り歩く、光雲の手になる「火伏神輿」及び「獅子頭」が展示されます。当方、一度、現物を見て参りましたが、ともに見事な作でした。

ともに普段は神奈川県立歴史博物館に展示されていますが、この企画展のために貸し出すそうで、搬出の様子がTVKテレビ神奈川さんのローカルニュースで取り上げられました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


お近くの方、ぜひどうぞ。


【折々の歌と句・光太郎】

正直にまをせばかかる荒山に棲む四足のわれは族かも
大正13年(1924) 光太郎42歳

昨日ご紹介した短歌同様、自らの内なる荒ぶる獣性を謳った歌です。「まをせば」は「申せば」。

滋賀県からイベント情報です。 

じんけんフェスタしが2014

日時  平成26年(2014年)9月20日(土曜日) 10時00分~16時00分
     (全体開場9時00分、大ホール開場9時30分)
場所  守山市民ホール(滋賀県守山市三宅町125番地)   
主催  滋賀県  滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会
後援  守山市 守山市教育委員会
テーマ うたの力と人権   スローガン 支えあい、助けあい、認めあい
 
守山市民ホールの敷地、施設をフルに使って、さまざまなことが行われるようです。
 
イメージ 1
 
その中で、小ホールに「人権啓発ビデオコーナー」が設けられており、以前にご紹介しましたが兵庫県人権啓発協会さん企画、東映さん制作の40分程のドラマで「ほんとの空」という作品が上映されるようです。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
制作元のサイトから、あらすじを抜粋します。
 
 向井弓枝は、パート先のスーパーで、高齢の客のおぼつかない行動に不快感を持つ。自宅のマンションのエレベータでも、高齢の人や障害のある人に対してイライラを募らせる。弓枝は、面倒な人が多く住むこのマンションではなく、一戸建てや新築マンションに引つ越したいと、夫の勇に訴える。
 
 弓枝の一人息子の輝は、空オタクだ。いつも空や雲のことを考えていて友だちもいない。カメラを抱えた輝が自宅に帰つてくると、隣の部屋のドアが開き、見知らぬ外国人が引越をしている。外国人に対して偏見を持つている弓校と勇の話を聞き輝も「みんな不法滞在なんだから送り返せばいいJと言う。
 
 輝がマンションの屋上に行くと、同じ年頃の少年 龍太が空にカメラを向けていた。空好きの二人は意気投合し、輝は龍太を家に招く。夕食をいただいたお礼にと 龍太の母の美里が、故郷福島の草木染めの布を持つてくる。最初は喜ぶ弓枝だつたが、パート仲間の意見もあり 放射能への恐ろしさから布を捨ててしまう。そしてそれを、龍太がゴミ置き場で発見する。
 
 学校からの帰り道、輝は、龍太が同級生たちから放射能のことでいじめられているのを見つけ加勢するが、二人とも投げ飛ばされる。同級生を非難する輝に、「お前も同じだろ」と龍太は叫び、「草木染めをなぜ捨てたのか」と詰め寄る。それを同じマンションの高齢者、千代子とタイ人ロークが止める。帰宅した輝は母を責め、家を飛び出す。
 
 輝を探す弓枝と勇。輝は、隣のタイ人夫婦□―クとノイのところにいた。夫婦はタイ料理店で働いていて、店を持ちたいので試食してほしいと申し出る。皆で食卓を囲みながら、ノイの思いを知つた輝は、廊下の鉢植えを割つたことを謝り、勇も偏見を持つていたと告げる。握手をする勇と□―ク。その様子を笑顔で見つめる弓枝は ふと台所の隅に 自分が捨ててしまった草木染めがあることに気づく。
 
 ノイから 草木染めを譲つてもらった弓枝は 美里の家に。そして自分の気持ちを伝えようとするが……。
 
 
福島の原発事故による風評被害、いわれなき差別を扱っています。そこでタイトルが光太郎詩「あどけない話」から採った「ほんとの空」というわけです。白石美帆さん他のご出演です。
 
地方のテレビでオンエアされたり、やはり地方のイベントで上映されたりし続けています。じわりじわりと世の中に滲透していってほしいものです。そのためにも全国ネットでのテレビ放映が望まれます。当方も未見です。
 
さて、「じんけんフェスタしが2014」。滋賀県域のみなさん、ぜひ足をお運びの上、「ほんとの空」をごらん下さい。
 
 
【今日は何の日・光太郎 補遺】 9月9日
 
昭和51年(1976)の今日、JR東北本線二本松駅に、光太郎詩「あどけない話」の一節を刻んだ詩碑が建立されました。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
二本松霞ヶ城の石垣を模した駅の外壁に、黒御影のプレートが嵌め込まれ、「阿多多羅山の山の上に/毎日出てゐる青い空が/智恵子のほんとの空だといふ/高村光太郎」と刻まれています。光太郎自筆原稿からの採字です。
 
碑にはこころもち傾斜がついており、かつてはよく晴れた日には上記画像のように、「ほんとの空」が反射して青く見えました。現在はバス停の屋根が映ってしまい、こうは見えません。残念です。

↑このページのトップヘ