カテゴリ:東北以外 > 香川県

甲信レポートを書いていた前後にも、新聞各紙に光太郎の名が出ています。3件、ご紹介します。

まず、先週ご紹介した『朝日新聞』さんの「彫刻家高田博厚の遺品、東松山市に寄贈へ」の続報的な神奈川版の記事です。

神奈川)彫刻家・高田博厚アトリエ閉鎖 知人らお別れ会

 文豪ロマン・ロランや詩人ジャン・コクトーらと親交があり、晩年は神奈川県鎌倉市のアトリエで制作活動をした世界的彫刻家・高田博厚(1900~87)のアトリエが閉鎖され、知人らが集まって2日、お別れ会が開かれた。遺品は交流のあった埼玉県東松山市に寄贈される。
 1931年に渡仏して57年に帰国。66年から86歳で亡くなるまで拠点とした鎌倉市稲村ガ崎のアトリエには同日、親交のあった知人や関係者ら約30人が集まり、お茶を飲みながらピアノ演奏を聞くなど和やかな雰囲気の中、高田の思い出に花を咲かせた。
 洋画家で文化勲章受章者の東京芸大名誉教授・野見山暁治さん(96)は留学時代の53年、パリのカフェで初めて高田に会った時の思い出を語り、「君は日本人かと話しかけられ、『そうか、日本人が外国へ来るようになったのか』と感慨深げだった」としのんだ。
 東松山市に寄贈されるのは彫刻や絵画などの作品のほか書物や家具など数千点。同市の元教育長が高田と親交があった関係で「高田博厚彫刻展」を開いたり、高田の作品を通りで展示したりしている縁で贈られることになった。
 同市の森田光一市長は「遺品をいただけるのは名誉なこと。2020年を目途に何らかの施設を造り、すばらしい芸術家を顕彰していきたい」と話した。
 「死後30年」を機に今回の寄贈を決めた高田の義理の娘の大野慶子さん(80)は「父は『彫刻は触ってみるもの』と言って、東松山市の展示を大変喜んでいたので、今回のことも喜んでくれていると思います。多くの方にみていただき、特に子どもたちに親しんでもらえれば」と話した。
 高田は石川県生まれ。上京して詩人で彫刻家の高村光太郎らと知り合い、31歳で渡仏。彫刻を学び、「指で思索する彫刻家」と称賛された。死後、鎌倉市には主要な作品や絵画など約300点が寄贈されている。(菅尾保)

000


同じ件は『東京新聞』さん、NHKさんなどでも紹介されましたが、そちらでは光太郎の名が出なかったので、割愛します。


続いて、『読売新聞』さんの高知版。

詩人・岡本弥太功績たたえ ◇香南で一絃琴演奏、朗読も

 「南海の宮沢賢治」と評され、1942年12月2日に43歳の若さで亡くなった香南市香我美町出身の詩人、岡本弥太の没後75年を記念した「岡本弥太祭」が2日、同町の峯本神社で営まれた。
 弥太は20歳の頃から詩を書き始め、地元で教べんをとりながら創作活動。1932年には、生前唯一の詩集で中央詩壇から高く評価された「瀧」を刊行した。没後の48年、詩人の高村光太郎の書による詩碑「白牡丹図」が同神社に建てられた。
 この日の祭には地元住民らが参列。弥太の孫に当たる岡本龍太さん(59)が「弥太は『自分で二度と詠みたくない詩は、詩ではない』と話していた」などのエピソードを披露した後、市立香我美小の児童有志が、弥太の詩に曲を付けた「わが涙」を一絃琴で演奏した。県立城山高校の生徒ら4人も弥太の詩4編を朗読し、弥太の功績をたたえた。
 実行委員長の猪原陸さん(77)は「年々輪が広がりつつあり、弥太も喜んでくれていると思う。次代に引き継いでいくことが大事で、来年も続けていきたい」と話していた。


岡本弥太は、光太郎より16歳年下、明治32年(1899)の生まれ。終生、高知で小学校教員を務めながら詩人として活動していたようです。歿したのは昭和17年(1942)、やはり結核でした。年代といい、地方で活動していたことといい、結核で早世したことといい、光太郎との関わりといい、昨日ご紹介した野澤一を彷彿とさせられます。

生前に上梓した詩集は『瀧』(昭和7年=1932)一冊のみ。翌年に親しかった間野捷魯編集で刊行された『瀧批評集録』に、光太郎からの『瀧』受贈の礼状が掲載されています。

啓。貴著詩集「瀧」及御てがみ忝くおうけとりしました。丁度寸暇無き家事の状態にさしかかりました為めお礼のてがみさへ遅れて失礼しました。詩集はもつとよく落ちついてから精読したいと思つておりますから、その上何か申上げたいと存じます。此事御諒承願ひます。畧儀ながら御礼まで。

素っ気ない気がしますが、仕方がありません。光太郎の弁護を致しますと、智恵子の心の病が昂じ、自殺未遂をやらかした後だったので、それが「丁度寸暇無き家事の状態にさしかかりました」なのです。

戦後になって、高知で岡本の詩碑建立が決まり、イラストレーターの依光隆、光太郎と親交のあった島崎曙海らを介して、光太郎に碑文の揮毫が依頼され、実現しました。昭和22年(1947)、23年(1948)の光太郎日記、依光(旧姓川島)や島崎に宛てた書簡にその辺りの経緯が記されています。それによると、光太郎、驚くべきことに揮毫の礼として送られた小為替1,000円分を、建碑の足しに、と、そっくりそのまま送り返しています。「やるなぁ」という感じでした(笑)。

当方、この碑を見るために、20数年前に高知まで飛びました。

イメージ 2

当時は携帯電話など持っていませんでしたので(今ならナビ機能が使えます)、迷いながらもたどり着き、光太郎独特の味のある字を見て、旧友に再会したような感覚にとらわれました。

刻まれているのは『瀧』に収められた「白牡丹図」。

 白い牡丹の花を
 捧げるもの
 剣を差して急ぐもの
 日の光青くはてなく
 このみちを
 たれもかへらぬ


調べてみましたところ、岡本に関しては他にも顕彰の機運が盛り上がりつつあるようで、また改めてご紹介します。


最後に、先週の『河北新報』さんのコラム。

河北抄 2017年11月29日水曜日

 師走を前に寒さが駆け足になりつつある。仙台は初雪が降るとともに最低気温が氷点下になる日もあり、繁華街ではコート姿の人たちを多く見掛ける。
 冬の季語に「セーター」や「カーディガン」がある。家はもちろん、職場でも背広を脱いで装う人は結構いるだろう。
 頭の中のたんすにしまい込んだ記憶がある。1994年の今頃、現大リーガーのイチロー外野手(44)は当時所属するプロ野球オリックスと、年俸800万円から10倍増の8千万円(金額はいずれも推定)で来季契約を結んだ。「大金を何に使いますか」と記者に尋ねられると、「いいセーターを買います」と答えた。
 車でなく、家でなく、貯金でもない。毛糸の編み物。背伸びをせず肩肘張らずに自然体で生きているという青年の実像に触れたようで、とても好感を持った。
 球界は今、シーズンオフ。イチロー選手のような話題に出合うと、うれしくなる。こんなとき、高村光太郎の詩『冬が来た』の一節を思い出す。<冬よ/僕に来い、僕に来い/僕は冬の力、冬は僕の餌食だ>。セーターのような詩である。


まさしく「冬が来た」今日この頃。皆様も風邪など召されませんよう、ご自愛下さい。


【折々のことば・光太郎】

本統に絵や彫刻を愛したり、味はうとする人がないと言ふのは、一面から考へれば人々に芸術を鑑賞する力がないからだとも言へるし、又一方から見れば、人々を引き付けるチヤームが芸術に無いからだとも言へる。其の何れにしても兎に角嬉しいことではない。

談話筆記「芸術を見る眼」より 治44年(1911) 光太郎29歳

2年前の帰国当初、欧米で実際に触れてきた新しい芸術を日本にも伝えるため、啓蒙の意欲に燃えていた光太郎ですが、この頃になると、もはや日本全体を変えるのは不可能、という一種のあきらめにたどりつきます。

俗世間とは縁を切って、個の鍛冶、自らの芸術精進という方向性の企図です。この後、主に絵画の方面ではヒユウザン会、生活社などで同志と言える存在に恵まれますが、彫刻では、前年に荻原守衛が夭折し、孤軍奮闘となってゆきます。

昨日に続き、香川県から演奏会情報です。 
期  日 : 2016/06/12 (日)
時  間 : 13:30 開場 14:00 開演
会  場 : 
サクラートたどつ(多度津町民会館) 香川県仲多度郡多度津町大通り4-26
料  金 :  【前売】一般 1,000円 小・中・高校生 500円
                   【当日】一般 1,300円 小・中・高校生 800円 
問い合わせ : サクラートたどつ 0877-33-3330
曲  目 :
 オペラ「カルメン」より ハバネラ~恋は野の鳥 ビゼー
 オペラ「ドン・バスクァーレ」 あの騎士の眼差しは ドニゼッティ
 歌曲集「智恵子抄」より 別宮貞雄

グループ礫(れき)は、創立44年になる香川県中讃の声楽家の団体です。
毎年定期演奏会だけでなく、童謡唱歌講座や日本歌曲公開講座等も開催し、声楽曲の魅力を伝えようと取り組んでいます。
今回は6月のジューンブライドにちなんで、愛や結婚をテーマにした曲をお届けします。

002

というわけで、独唱歌曲のコンサートです。別宮貞001雄氏作曲の「智恵子抄」が演奏されます。

この歌曲集は、昭和58年(1983)初演。「人に」、「深夜の雪」、「僕等」、「晩餐」、「あどけない話」、「人生遠視」、「千鳥と遊ぶ智恵子」、「山麓の二人」、「レモン哀歌」の全9曲です。今回の演奏会では「より」となっています。このうちの何曲が演奏されるかは不明です。


音楽之友社さんから楽譜が刊行されていましたが、絶版になっているようです。
 
CDが、カメラータトウキョウさんからリリースされていて、こちらはまだ新盤で手に入ります。演奏は永田峰雄(テノール)、アントニー・シピリ(ピアノ)。平成14年(2002)の録音です。

お近くの方、ぜひどうぞ。008

【折々の歌と句・光太郎】

とげとげのこごしきかどをまろめよと友も師もいふ駱駝さへいふ
制作時期不詳

「こごし」は古語で「凝り固まっている、険しい」の意。

「高村の言いたいことはよく分かる。もっともだ。しかし、ここは一つ、大人になってだな……」「そうとも、もっと如才なく立ち回ることも覚えないと、やっていけないぞ」というような声が背後に聞こえてきそうです。

そこに「駱駝」がからむのは、連作詩「猛獣篇」とのつながりでしょうか。

四国香川から演奏会情報です 
期  日 : 2016/06/04(土)
時  間 : 18:00開場 18:30 開演
会  場 : レクザムホール 小ホール(香川県県民ホール)  香川県高松市玉藻町9-10
料  金 :  一般1000円  学生(高校生以下)500円
問い合わせ メールアドレス:
takakon1975@gmail.com
曲  目 :
 ◆第Ⅰステージ
  まど・みちお 作詩、鈴木憲夫 作曲 混声合唱組曲「地球ばんざい」
 ◆ensemble stage
  みずかみかずよ作詩、木下牧子作曲「めばえ」
  岸田衿子作詩、津田元作曲「うたをうたうのはわすれても」
  さくらももこ作詩、相澤直人作曲「ぜんぶ~ア・カペラ版~」
 ◆第Ⅱステージ
  土曜七時の歌謡ショウ PART4 私たちの英雄(ヒーロー)
 ◆第Ⅲステージ
  高村光太郎 作詩、鈴木憲夫 作曲 混声合唱曲「レモン哀歌」
  鈴木憲夫 作曲 混声合唱曲「Ave Maria」

イメージ 4


高松混声合唱団さん。このブログでもご紹介しました、福島で開催された「第9回声楽アンサンブルコンテスト全国大会-感動の歌声 響け、ほんとうの空に。- 」に参加なさっています。実力のある合唱団なのでしょう。

上記の通り、光太郎作詞、鈴木憲夫氏作曲の混声合唱曲「レモン哀歌」を演奏して下さいます。

この曲は、平成24年(2012)に混声版がカワイさんから刊行されました。

イメージ 1

前年には女声合唱版独唱版も刊行されています。

イメージ 2   イメージ 3

CDなどは発売されていないようで、当方、これまで聴いたことはなかったのですが、動画投稿サイト「youtube」に、高松混声さんの演奏がアップされていました。


途中でめまぐるしく転調したり、変拍子を多用したりといった最近流行の手法は用いず、奇を衒うことなく、最初から最後まで、ゆったりとした清澄な響きを保ち、安心して聴いていられる作品です。ただ、ヴォカリーズの部分が結構あって、8分あまりの演奏時間と、少し長めではあります。聴いて感じるほどには易しい曲ではないようです。

演奏会当日には、作曲者の鈴木憲夫氏もお見えになるそうです。

お近くの方、ぜひどうぞ。


【折々の歌と句・光太郎】

乳酪(にうらく)をつくりて生きむ画をうりて生きじと彼はゆきてかへらず
制作年不詳

昭和4年(1929)、改造社刊行の『現代日本文学全集第三十八編 現代短歌集 現代俳句集』に載った作品ですが、いつの作品か不詳です。同書には明治末の作も載っていることから、明治44年(1911)5月、画廊琅玕洞を閉じて北海道月寒に渡り、酪農をしつつ芸術制作をする生活を夢見ていた頃のものかもしれません。

しかし、夢は夢にしかすぎず、少しの資本ではどうにもならぬと悟り、「ゆきてかへらず」どころか、月内にはすごすごと帰京しています。

作歌の経緯がよく分からないので何ともいえませんが、大志を抱いていた頃の作なのか、あるいは夢破れて帰ってからも、夢だけは北の大地にとどまっているというのか、はたまた自らが果たせなかった夢を友人知己の誰かが代わりに果たすべく北海道に行った、とでもいうのか、謎の多い歌です。

↑このページのトップヘ