J-POPアーティスト・米津玄師さんのニューアルバム「STRAY SHEEP」を購入しました。ブルーレイ/DVD、アートブックなどの付録がいろいろ選べるさまざまな「○○盤」が出ていますが、CDのみの通常盤を買いました。米津さんご自身が、「智恵子抄」収録の絶唱「レモン哀歌」(昭 ...

ハードカバーの文庫化です。今朝の『朝日新聞』さんには大きく広告も出ていました。 イザベルに薔薇を2020年8月7日 伊集院静著 双葉社(双葉文庫) 定価800円+税郷里の山口から上京した青年・詩人美。中原中也、高村光太郎などを詩を愛する心優しい青年は、新宿・歌舞伎 ...

智恵子の故郷、福島は二本松からキャンペーン情報です。 豪華景品が当たる!にほんまつグルッと一周スタンプラリー開催期間 : 2020年8月8日(土)~2020年10月11日(日)応募期間 : 2020年10月20日(火)まで参加方法 道の駅安達智恵子の里上 ...

毎年夏に、青森県十和田湖畔で行われている「十和田湖湖水まつり」。コロナ禍のため今年は中止と思いきや、時期と形を変えての実施だそうです。 第55回十和田湖湖水まつり2020期 日  : 2020年8月28日(金)~8月30日(日)会 場  : 十和田湖畔休屋地区問合せ : 十和 ...

全国31局のコミュニティFM局でオンエアされているラジオ番組で、「仮面女子 雪乃しほりのワクワクサワー」という番組があるそうです。そちらで、「智恵子抄」へのオマージュ的な「ほんとうの空・青い空」というラジオドラマが放送されるそうです。ネット局によって放送日時が ...

昨日、8月9日(日)は、本来、宮城県女川町で第29回女川光太郎祭が開かれているはずでした。例年であれば、県内外の方々による光太郎詩文の朗読、オペラ歌手・本宮寛子さんの歌やギタリスト・宮川菊佳さんの演奏、当方の連続講演など。過去の様子はこちら。平成24年(2012) 平 ...

昨日に続き、岩手県花巻市、花巻高村光太郎記念館さんにほどちかい場所にオーピンした「道の駅「はなまき西南」賢治と光太郎の郷(さと)」についてです。岩手めんこいテレビさんのローカルニュースでは、賢治・光太郎コーナーについても触れて下さいました。 新しい道の駅 ...

というわけで、何度かご紹介して参りました、花巻高村光太郎記念館さんにほど近い、道の駅「はなまき西南」(愛称「賢治と光太郎の郷」)が、昨日、オープンしました。2回に分けてご紹介します。テレビ岩手さんローカルニュースから。 岩手県花巻市 道の駅「はなまき西南 ...

光太郎智恵子の名は出て来ないかもしれませんが、ゆかりの地などを扱うテレビ番組、放映日時順に3件ご紹介します。 日曜美術館「無言館の扉 語り続ける戦没画学生」NHK Eテレ 2020年8月9日(日) 9時00分~9時45分 再放送8月16日(日) 20時00分~20時45分700点を超える戦 ...

昨日に引き続き、地方紙『福島民友』さんに載った、当会の祖・草野心平顕彰の記事を。 ふくしま物語のステージ 【草野心平の詩(中)】平伏沼「月夜」 水辺に実る『奇妙な果実』  森を甘く見ていた。平伏(へぶす)沼は、県道から林道へそれ10キロ弱先の山奥にあった ...

当会の祖・草野心平に関し、出身地・福島の地方紙『福島民友』さんで、先月から一昨日にかけ、3回にわたって大きく取り上げて下さっています。2回に分けてご紹介します。 ふくしま物語のステージ 【草野心平の詩(上)】天山文庫「誕生祭」 命あふれる森を愛して 自然豊 ...

ゆかりの文学館、二館でのミニ展示をご紹介します。まず、花巻高村光太郎記念館さん。「光太郎とスプリング・エフェメラル~春を彩るはかない花たち~」だそうで、同館スタッフの方々が撮られた、高村山荘(記念館に隣接する終戦後の7年間、光太郎が暮らした山小屋)周辺の写 ...

『毎日新聞』さんに月1回のペースで連載されている、詩人の和合亮一さんの「詩の橋を渡って」。5月に「智恵子抄」の「あどけない話」を引用下さいましたが、7月の掲載分にも光太郎詩を引き合いに出して下さいました。 詩の橋を渡って 一瞬で消えてしまう発想 あなたは真っ ...

昭和6年(1931)夏、新聞『時事新報』の依頼で紀行文を書くために、三陸一帯を約1ヵ月、主に船で移動した光太郎。女川にも立ち寄ったということで、それを記念して平成3年(1991)に光太郎文学碑が建立され、翌年からは「女川光太郎祭」を開催して下さっている宮城県女川町。 ...

J-POPアーティスト米津玄師さんのニューアルバムが発売されます。 STRAY SHEEP2020年8月5日(水) ソニーミュージック通常盤 CD only ¥3,000+税  おまもり盤 初回限定CD+ボックス+キーホルダー ¥4,500+税アートブック盤 初回限定CD+Blu-ray or DVD+アートブック ¥6,80 ...

宮城県からバスツアーの情報です。 3.11を忘れない 石巻 大川小学校・女川 いのちの石碑3密を避けた新しい形態で旅行に行きませんか? 東日本大震災時の様子や復興の様子、被災地に今必要なことなどについてお話させて頂く「現地語り部ガイド」2ヶ所付き。全校児童1 ...

都内からコンサート情報です。 サードアルバムリリース記念 精緻な歌声でつづる日本の心 小林沙羅 ソプラノ・リサイタル 日本の詩(うた)【3/12振替公演】期 日 : 2020年8月10日(月・祝)会 場 : 浜離宮朝日ホール 東京都中央区築地5-3-2時 間 : 14:00~1 ...

一昨日の『福島民友新聞』さんから。 【二本松】 観光タクシー料金半額へ コロナ禍需要掘り起こす 二本松市は早ければ8月中旬にも、同市の観光名所を巡る観光タクシーが通常料金の半額で利用できるサービスを始める。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける同市の観光 ...

富士急行株式会社さんの出したプレスリリース(報道機関に向けた、情報の提供・告知・発表)です。 ロープウェイから望む光の天の川「あだたらイルミネーション」 8月1日(土)より開催 あだたら高原リゾート(福島県二本松市)では、2020年8月1日(土)~9月22日(火祝) ...

光太郎や、その親友だった碌山荻原守衛らに多大な影響を与えた、オーギュスト・ロダン(1840~1917)関連。少し長いのですが、代表作の一つ「カレーの市民」が取り上げられている、今月中旬に『聖教新聞』さんに掲載された記事です。 〈世界の名画との語らい〉ロダン《カレ ...

今年四月に亡くなった、大林宣彦監督の遺作が公開されます。 海辺の映画館―キネマの玉手箱監督 : 大林宣彦脚本 : 大林宣彦 内藤忠司 小中和哉出演 : 厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田玲 成海璃子 山崎紘菜 常盤貴子他音楽 : 山下康介製作 : 「海辺の映画 ...

新潮社さんのオンラインショップで見つけました。おそらく新たにラインナップに加わったのかな、と。 新潮社オリジナル包装紙ブックカバーにも便箋にも。使い方はあなた次第の5枚セットです!新潮社に所縁のある模様+文豪トートと同じイラストの5種類の包装紙を封入。使い ...

広島からコレクション展情報です。光太郎の留学仲間で画家の南薫造が中心です。 令和2年度コレクション展Ⅰ 呉の美術 没後70年 南薫造をしのぶ期 日 : 2020年7月4日(土)~8月23日(日)会 場 : 呉市美術館 広島県呉市幸町入船山公園内時 間 : 10時~17時休 館 ...

光太郎第二の故郷ともいうべき岩手県花巻市の広報誌『広報はなまき』7月15日号。まずは「花巻歴史探訪 郷土ゆかりの文化財編」という連載で、光太郎ブロンズ彫刻の代表作「手」が取り上げられました。 高村光太郎『手』 木彫りと塑像が融合した光太郎の代表作 彫刻家で詩人 ...

昨日は千葉市にある千葉県立美術館さんに行っておりました。先週から始まったコレクション展「高村光太郎の生きた時代」拝観のためです。 光太郎彫刻及び同時代で光太郎と交流のあった美術家たちの作品、30余点が展示されていました。光太郎作品はすべてブロンズで、同館所 ...

智恵子の故郷、福島・二本松からのニュースです。 アマビエ夏マスク新作6種、17日発売 富樫縫製と民報印刷 二本松市の富樫縫製と福島市の民報印刷は、夏向きの「アマビエマスク」の新作を十七日、発売する。販売する施設のある地域の特徴に合った色やデザインを採り入 ...

主要紙地方版記事シリーズです。今回は『朝日新聞』さんの岩手県版から。 (いま聞きたい)大滝克美さん マーケティングから見た岩手の強みは/岩手県■「行ってみたい」豊富な資源 岩手に移住したコンサルタント 30年近く岩手に関わってきた、マーケティングコンサル ...

主要紙地方版記事シリーズです。今回は『朝日新聞』さんの長野県版から。 偉人・文人、出会いの彫像 高田博厚・生誕120年展 安曇野で/長野県 ロマン・ロラン、マハトマ・ガンジー、ジャン・コクトー、高村光太郎、武者小路実篤――。直接会ったり交流したりした著名人の ...

昨日の『読売新聞』さんの記事「内面や存在感 リアルに わがまちの偉人 龍馬像作った本山白雲」同様、光雲の系譜を継ぎ、光太郎と交流のあった彫刻家に関しての記事です。『毎日新聞』さんの奈良版から。 ならまち暮らし:南都銀行の羊の彫刻=寮美千子 /奈良 森川杜園 ...

昨日も隣町の図書館さんに行っておりました。PCで各種データベースを検索できるコーナーが再開しまして、このところ週イチ程の頻度で通っています。先週、先々週は、国会図書館さんのデジタルデータのうち、自宅兼事務所ではアクセスできないものを閲覧しましたが、昨日は、 ...

仙台に本社を置く地方紙『河北新報』さん。一面コラムの「河北春秋」、一昨日掲載分に光太郎の名が。 河北春秋 2020.7.14見上げる参道に人影はない。マスクを取り、石段を踏みしめる。仙台市太白区の愛宕神社。2体のてんぐ像がにらみを利かせる山門の脇に、その詩碑は立 ...

↑このページのトップヘ